永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】悠仁親王
2012-03-18 Sun 17:02
本当は他に書きたい事があるのですが…
そのソースがなかなか見つからず、今回は悠仁親王について書かせて頂きます。


悠仁親王…本当に不思議です……

hisahitosama.png



カ、カワイイ…(゚∞゚)♪


…いや、失礼w


まず、悠仁親王のスペックをwikipediaで確認してみませう(・ω・)


悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年(平成18年)9月6日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第一男子。身位は親王。皇室典範に定める敬称は殿下。お印は高野槇。皇位継承順位第3位。今上天皇の孫にあたり、姉に眞子内親王と佳子内親王がいる。


お生まれになったのは、
2006年(平成18年)9月6日



なんだかね、6だらけなんですよ( ̄ー ̄;



平成18年=666

200696




しかもですね、この年、皇紀2666なのです。



平成18年=666

200696

皇紀2666




なんか、凄まじくないですか?(;谷)


666.png


「碧玉の巻」第十五帖
五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。



そして、ですね。


悠仁様が666歳(18歳)になられる年は…


なんと、2024年( ̄ー ̄;;


a29.png


「紫金之巻」第九帖
新しき 御代のはじめの たつの年、
あれ出でましぬ かくれゐし神。
かくり世も うつし御国の 一筋の 
光りの国と さきそめにけり。



これは一体、何を意味するのでしょうか。( -ω-)ウーム…


もうちょっと加筆したいところですが、これ以上は触れてはイケナイような気がしますので、このくらいにしておきます(・ω・)


スポンサーサイト
別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
【日月神示】かごめかごめ
2012-03-25 Sun 13:35
「かごめかごめ」…の前にw

リチャード・コシミズ氏のブログで面白い記事が上がってました。
というか、コレ、ちょっと前に他で見たような気がするのですが…まぁいいかw


君が代のヘブライ語解釈?

以下転載。

君が代のヘブライ語解釈?

ちょっとした座興です。

NY在住の方からの情報です。我が国の国歌「君が代」は、古代ヘブライ語読み(日本語発音をヘブライ語で解釈。)すると、全く、違う意味を表すとか。

「君が代は、千代に八千代に、さざれ石の巌をとなりて、苔のむすまで」

「君が代」は明治13年から国歌として歌われているものですが、その起源は,わかっている範囲では「古今和歌集」のようです。(一部一致しない。)

古今和歌集巻七賀歌巻頭歌、題しらず、読人しらず、国歌大観番号343番

作者は不明。薩摩藩歩兵隊長、大山弥助(後の大山巌、日本陸軍元帥)が自分の愛唱歌、薩摩琵琶の「蓬莱山」より歌詞を採用して国歌に選定したということのようです。

さて、これを古代ヘブライ語で読むと.....

「立て 褒め称えよ 神を シオンの民 神に選ばれた民 喜べ 生き残り選ばれた民 救え 人類を 神の印が来る そして全地に語られる」

だそうです。やっぱり、我々日本人が世界を救うことになるのでしょうか。

以上、座興というか峠のお休み処でした。情報感謝。

(ヘブライ語訳はできないのでRKは未検証です。)



もちろん、私もヘブライ語訳はできませんので未検証ですw
が、これ、日月神示を読まれた方なら分かると思いますが、内容がよく似てると思いませんか?んまぁ、日月神示に限った事ではないのですがヾ(;´▽`A``

「神に選ばれた民」

この神は神の国の救はれること一番願ってゐるのざぞ、外国人も神の子ではあるが性来が違ふのざぞ、神の国の臣民がまことの神の子ざぞ、今は曇りてゐるなれど元の尊い種植えつけてあるのざぞ、曇り取り去りて呉れよ、依怙の様なれど外国は後廻しぞ、同じ神の子でありながら神の臣民の肩持つとは公平でないと申す者あるなれど、それは昔からの深い経綸であるから臣民には会得んことであるぞ、一に一足す二でないと申してあろが、何事も神の国から神の臣からぞ、洗濯も同様ぞ。

日本の国は元の神の血筋のまじりけのないミタマで、末代世治めるのざ。


「そして全地に語られる」

ひつくの臣民は神がとことん試しに試すのざから、可哀そうなれど我慢して呉れよ、その代り御用つとめて呉れたら、末代名を残して、神からお礼申すぞ。
どこに居りても掃除出来た臣民から、よき御用に使って、神から御礼申して、
末代名の残る手柄立てさすぞ。

「神の印が来る」

印って、やっぱ、コレでしょうか?


maruchon.png

因縁のミタマにはʘ カミ のしるしがつけてあるぞ。



はい。では、これにあやかりましてw
「かごめかごめ」の歌について書かせて頂きます。
まず、歌詞ですね。以下wikiより転載。


かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 
夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?



地方により歌詞が異なるようですが、一般的にはコレではないでしょうか。
というか、私の地方ではコレでしたので、コレ基準でお話しを進めますw

で、ですね。
日月神示の内容を要約すると、この歌にすごく似てるような気がするんですよ。
そう思って、とりあえずwikiで「かごめかごめ」を調べてみたのですが・・・

私の考えと似た説が、既にwikiに載ってました(==)

神示説(提唱者不明)
「かごの中の鳥」は「肉体に自己同化し、肉体に閉じ込められた人」、「いついつ出やる」は「いつになったら肉体が自分でないことに気づくのか」、「鶴と亀がすべった」は「陰と陽が統べった」即ち「目覚めた」ときに、「うしろの正面だあれ?」=「自分」とは誰なのでしょう?という意味の、人の精神的目覚め・開悟を歌っているとする説。



「うしろの正面だあれ?」=「自分」

この部分が私と同じ答えになるのですが、その前がちょっと違うので、
私の説も聞いてあげて下さいw


まず、「かごめかごめ」の部分。
これは籠目ですから、ダビデ(イスラエル)のマークと同じ六芒星ですね。

これ、△と▽が和合した形です。つまり、陰と陽の和合を表しています。
そして、「籠目籠目」と「囲め囲め」と掛けているんじゃないでしょうか。
籠目で囲むという事は、こういう事。

「籠目を模した連続文様は魔除けの効果があるといわれる」

つまり、封印されている。何が?鳥がw

では次に「籠の中の鳥」、「封印されている鳥」とは何でしょうか?

これも既にwikiに書いてありましたが(==)

「とり」=トリをとる人。祭り等で、最後の締めをやる人。
最後尾に就いて、取り溢しが無いように皆を追い上げて、締めをする人。


では、この「トリをとる人」とは何者か。

そもそもこの歌を歌いながらどうやって遊ぶのでしょうか?
それが分かれば何者か分かります。

kagome.png

こんな大人数では遊びませんとか言わないw

そうです、トリの正体は「鬼」だったのです。
ちなみに上から見るとマルチョンだったりして(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

という事は、

トリをとる鬼が封印されている。

という事になります。

封印された「鬼」って・・・分かる人には分かりますよね・・・あの神の事じゃないのでしょうか。
艮に閉じ込められている神・・・


そしてその「鬼」が出てくる・・・

「いついつ出やる」とは、言葉通り「いつ出てくるの?」という問いです。
その問いに対して「夜明けの晩に」と答えています。

「夜明けの晩」とは、明治維新の時に誰かが言ってましたね「日本の夜明けぜよ!」ってw
まぁ、そういう意味の夜明けだろうと思います。
もちろん、明治維新が「日本の夜明け」と言えるかどうかは(以下自粛

日月神示にも書いてありますね。

闇のあとには夜明け来る。
夜明けたら何もかもはっきりするぞ。

夜明け前は闇より暗いぞ、慌てるでないぞ。


はい。ここで「鬼」が出てきます。

「鬼」が出てきて「鶴と亀がすべる」のですが、
「鶴は天を飛ぶもの」で「亀は地を這うもの」ですから、これが滑る…
いや、統べる…と、天と地の和合。

天地がアメツチとなってきてゐるからぞ、
天も近うなるぞ、地も近うなるぞと気つけてありたのに目さめた人民少ないぞ、
天と地ではないぞ。あめつちざぞ。


つまり、天と地の和合=アメツチ

「天と地を和合し、アメツチにする事」「トリ」であり、
その「トリ」をとるのが「鬼」である。という事になりますね。


最後に「うしろの正面だあれ?」ですが、正直、これ、分かりません(ぉぃ
が、最初に書いたように、私もwikiの一説と同じく、

「うしろの正面だあれ?」=「自分」とは誰なのでしょう?

という、自分と自分の答え合わせが待っているのではないかと思います。
・・・そして驚愕の事実をそこで知る事に・・・(・艸・)ェエッ!?(謎


とまぁ、これが私なりの「かごめかごめ」解釈でした(・ω・)


別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
【日月神示】この世の終り始めなり。1
2012-04-12 Thu 18:18
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
【日月神示】この世の終り始めなり。2
2012-04-17 Tue 18:20
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
【日月神示】渡れん者が渡りて穢して仕舞ふてゐるぞ。
2012-06-09 Sat 10:23
お久し振りの更新になりました(==)

書きたい事がいくつかあるのですが・・・
いくつかあり過ぎて書きかけの記事がイパーイ(;゚∀゚;)!!
んまぁ、8割がヤル気の問題だったりするのですがw

という事で。
えぇっと、まずはこれから。

毎度毎度、自分の記事で恐縮ですが、
今年2012年はコレコレが気になると書きました。

で、とうとう動き出しちゃいましたね。
以下読売新聞から転載させて頂きます。

皇室や文化庁 京へ移転を 首都バックアップ検討委
 災害時の首都機能バックアップに関する検討委員会が30日、上京区で開かれ、京都が受け持つことができる機能について、皇室の居住や文化庁の移転などとする中間報告がほぼまとまった。近く、国に提案する。
 検討会は府や京都市、学識経験者らで構成。機能を受け入れるエリアとしては、京都市中心部と桂イノベーションパーク、らくなん進都、学研都市を対象としている。
 検討会では、京都は首都圏と同時に被災する可能性が低く、地理的にもアクセスしやすい利便性があることを確認。その上で、京都御所や京都迎賓館があることから、皇室の人々の居住や儀礼の実施を受け入れやすいと判断した。また、文化庁や観光庁の移転、国会や首相官邸の代替施設となる可能性があるため国立京都国際会館の機能を強化することも国に提案する。
(2012年5月31日  読売新聞)


どうなるんでしょうか( ̄ー ̄;;;

私は「皇室の居住や文化庁の移転」というのは早くしたほうが良いと思います。
そうすれば、「ここってやっぱ住んでちゃダメなんだ」って、
沢山の人が気付くんじゃないでしょうか。( -ω-)ウンウン

臨終予言の方も「東京には住んでちゃダメなんだよ」と言われています。
この方は地震がくるからという理由なのですが、大きな地震がくれば誰しもが、あー逃げなきゃってさすがに気付きます。(地震が起きてから逃げても遅いんですが)
ただ、逆にこのまま何事もなく2013年を迎えて、「なんだ2012年って何もなかったじゃねーか(・∀・)♪」というパターンも考えられます。そうなると、今現在東北でお漏らししているアレが凄く気になってくるんですが・・・。

さて、ここから本題ですw

え?そうなったら国が放射能は大丈夫って言ってるから国に責任取ってもらえばいい?私は今回の震災で国は何もしてくれないし、誰も責任取らないって事がハッキリ分かりましたが。国というか、ミン主党ですね。何か期待するほうがお門違い。

民シュ党とは
こういう事ですよ↓


0099.jpg

で、こういう事↓

0100.jpg

それは、こういう事↓であり

0102.png

こういう事↓なのです。

0103.png

面白い事に、この自称ダビデと名乗る残念なお二方、
現在96歳と69歳だったりするんですね。
フセインもカダフィも金正日もポルポトも69歳でお亡くなりになりましたが。
ちなみに今日は6月9日だったりします (ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

オマケ↓

0101.png

寒流ブーム捏造の他に、一つ目の洗脳までしてたんです。
どこのTV局か調べるまでもなく納得のロゴマークw

ここで日月神示よりそれと思われる記述を。

「下つ巻」第十六帖(前後略)
神の国のお土に悪を渡らすことならんのであるが、
悪の神わたりて来てゐるから、いつか悪の鬼ども上がるも知れんぞ。

「松の巻」第八帖(前後略)
渡れん者が渡りて穢して仕舞ふてゐるぞ。

「扶桑の巻」第一帖(前後略)
地はいろは判らん者が上に立つこととなるぞ。


全くその通りになってませんか?(==)

(・艸・)ェエッ!? この人達の事が分からない?
いやぁ、まさかそんな人はいないと思いますが、
分かり易いサイトがあったので一応リンクさせて頂きます↓

http://thinker-japan.com/thinkwar.html

あ、それと、ミン主党の後に出てこようとしてる橋シタ徹さん。
今現在、この方に沢山の人が騙されていますが、この方のやろうとしている事は、日本の解体です。道州制を押し進めていますね。道州制というのは地方分権制度の事ですが、出口王仁三郎氏は「地方分権制度はマツソンの仕組」と明確に言っています。※マツソン=フリーメイソン

これは日月神示より。

「地つ巻」第六帖(後略)
神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、
八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ。

「松の巻」第二十七帖(後略)
天も地も 一つにまぜし 大嵐、
攻め来る敵は 駿河灘、富士を境に 真二つ。

先づ切り取りて 残るもの、七つに裂かん 仕組なり。


この中の「攻め来る敵は 駿河灘、富士を境に 真二つ。」というのは不気味ですが、七つに裂くとか八つに裂くというのは「地方分権制度」の事を言ってるのではないでしょうか。

そもそもこの橋シタ徹さん、自署の中で「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。その後に、国民のため、お国のためがついてくる」「ウソをつけない奴は政治家と弁護士にはなれないよ」と言っておられるんですね。この方、政治家と弁護士になっちゃってるんですが。あ、それと、みんなの党などは論外w

こいつら彼らのやろうとしてる企みを全力で阻止しませう(`・ω・´)

という事で、今回はここまでw

別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。