永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】かごめかごめ
2012-03-25 Sun 13:35
「かごめかごめ」…の前にw

リチャード・コシミズ氏のブログで面白い記事が上がってました。
というか、コレ、ちょっと前に他で見たような気がするのですが…まぁいいかw


君が代のヘブライ語解釈?

以下転載。

君が代のヘブライ語解釈?

ちょっとした座興です。

NY在住の方からの情報です。我が国の国歌「君が代」は、古代ヘブライ語読み(日本語発音をヘブライ語で解釈。)すると、全く、違う意味を表すとか。

「君が代は、千代に八千代に、さざれ石の巌をとなりて、苔のむすまで」

「君が代」は明治13年から国歌として歌われているものですが、その起源は,わかっている範囲では「古今和歌集」のようです。(一部一致しない。)

古今和歌集巻七賀歌巻頭歌、題しらず、読人しらず、国歌大観番号343番

作者は不明。薩摩藩歩兵隊長、大山弥助(後の大山巌、日本陸軍元帥)が自分の愛唱歌、薩摩琵琶の「蓬莱山」より歌詞を採用して国歌に選定したということのようです。

さて、これを古代ヘブライ語で読むと.....

「立て 褒め称えよ 神を シオンの民 神に選ばれた民 喜べ 生き残り選ばれた民 救え 人類を 神の印が来る そして全地に語られる」

だそうです。やっぱり、我々日本人が世界を救うことになるのでしょうか。

以上、座興というか峠のお休み処でした。情報感謝。

(ヘブライ語訳はできないのでRKは未検証です。)



もちろん、私もヘブライ語訳はできませんので未検証ですw
が、これ、日月神示を読まれた方なら分かると思いますが、内容がよく似てると思いませんか?んまぁ、日月神示に限った事ではないのですがヾ(;´▽`A``

「神に選ばれた民」

この神は神の国の救はれること一番願ってゐるのざぞ、外国人も神の子ではあるが性来が違ふのざぞ、神の国の臣民がまことの神の子ざぞ、今は曇りてゐるなれど元の尊い種植えつけてあるのざぞ、曇り取り去りて呉れよ、依怙の様なれど外国は後廻しぞ、同じ神の子でありながら神の臣民の肩持つとは公平でないと申す者あるなれど、それは昔からの深い経綸であるから臣民には会得んことであるぞ、一に一足す二でないと申してあろが、何事も神の国から神の臣からぞ、洗濯も同様ぞ。

日本の国は元の神の血筋のまじりけのないミタマで、末代世治めるのざ。


「そして全地に語られる」

ひつくの臣民は神がとことん試しに試すのざから、可哀そうなれど我慢して呉れよ、その代り御用つとめて呉れたら、末代名を残して、神からお礼申すぞ。
どこに居りても掃除出来た臣民から、よき御用に使って、神から御礼申して、
末代名の残る手柄立てさすぞ。

「神の印が来る」

印って、やっぱ、コレでしょうか?


maruchon.png

因縁のミタマにはʘ カミ のしるしがつけてあるぞ。



はい。では、これにあやかりましてw
「かごめかごめ」の歌について書かせて頂きます。
まず、歌詞ですね。以下wikiより転載。


かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 
夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?



地方により歌詞が異なるようですが、一般的にはコレではないでしょうか。
というか、私の地方ではコレでしたので、コレ基準でお話しを進めますw

で、ですね。
日月神示の内容を要約すると、この歌にすごく似てるような気がするんですよ。
そう思って、とりあえずwikiで「かごめかごめ」を調べてみたのですが・・・

私の考えと似た説が、既にwikiに載ってました(==)

神示説(提唱者不明)
「かごの中の鳥」は「肉体に自己同化し、肉体に閉じ込められた人」、「いついつ出やる」は「いつになったら肉体が自分でないことに気づくのか」、「鶴と亀がすべった」は「陰と陽が統べった」即ち「目覚めた」ときに、「うしろの正面だあれ?」=「自分」とは誰なのでしょう?という意味の、人の精神的目覚め・開悟を歌っているとする説。



「うしろの正面だあれ?」=「自分」

この部分が私と同じ答えになるのですが、その前がちょっと違うので、
私の説も聞いてあげて下さいw


まず、「かごめかごめ」の部分。
これは籠目ですから、ダビデ(イスラエル)のマークと同じ六芒星ですね。

これ、△と▽が和合した形です。つまり、陰と陽の和合を表しています。
そして、「籠目籠目」と「囲め囲め」と掛けているんじゃないでしょうか。
籠目で囲むという事は、こういう事。

「籠目を模した連続文様は魔除けの効果があるといわれる」

つまり、封印されている。何が?鳥がw

では次に「籠の中の鳥」、「封印されている鳥」とは何でしょうか?

これも既にwikiに書いてありましたが(==)

「とり」=トリをとる人。祭り等で、最後の締めをやる人。
最後尾に就いて、取り溢しが無いように皆を追い上げて、締めをする人。


では、この「トリをとる人」とは何者か。

そもそもこの歌を歌いながらどうやって遊ぶのでしょうか?
それが分かれば何者か分かります。

kagome.png

こんな大人数では遊びませんとか言わないw

そうです、トリの正体は「鬼」だったのです。
ちなみに上から見るとマルチョンだったりして(ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

という事は、

トリをとる鬼が封印されている。

という事になります。

封印された「鬼」って・・・分かる人には分かりますよね・・・あの神の事じゃないのでしょうか。
艮に閉じ込められている神・・・


そしてその「鬼」が出てくる・・・

「いついつ出やる」とは、言葉通り「いつ出てくるの?」という問いです。
その問いに対して「夜明けの晩に」と答えています。

「夜明けの晩」とは、明治維新の時に誰かが言ってましたね「日本の夜明けぜよ!」ってw
まぁ、そういう意味の夜明けだろうと思います。
もちろん、明治維新が「日本の夜明け」と言えるかどうかは(以下自粛

日月神示にも書いてありますね。

闇のあとには夜明け来る。
夜明けたら何もかもはっきりするぞ。

夜明け前は闇より暗いぞ、慌てるでないぞ。


はい。ここで「鬼」が出てきます。

「鬼」が出てきて「鶴と亀がすべる」のですが、
「鶴は天を飛ぶもの」で「亀は地を這うもの」ですから、これが滑る…
いや、統べる…と、天と地の和合。

天地がアメツチとなってきてゐるからぞ、
天も近うなるぞ、地も近うなるぞと気つけてありたのに目さめた人民少ないぞ、
天と地ではないぞ。あめつちざぞ。


つまり、天と地の和合=アメツチ

「天と地を和合し、アメツチにする事」「トリ」であり、
その「トリ」をとるのが「鬼」である。という事になりますね。


最後に「うしろの正面だあれ?」ですが、正直、これ、分かりません(ぉぃ
が、最初に書いたように、私もwikiの一説と同じく、

「うしろの正面だあれ?」=「自分」とは誰なのでしょう?

という、自分と自分の答え合わせが待っているのではないかと思います。
・・・そして驚愕の事実をそこで知る事に・・・(・艸・)ェエッ!?(謎


とまぁ、これが私なりの「かごめかごめ」解釈でした(・ω・)


スポンサーサイト
別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
【日月神示】悠仁親王
2012-03-18 Sun 17:02
本当は他に書きたい事があるのですが…
そのソースがなかなか見つからず、今回は悠仁親王について書かせて頂きます。


悠仁親王…本当に不思議です……

hisahitosama.png



カ、カワイイ…(゚∞゚)♪


…いや、失礼w


まず、悠仁親王のスペックをwikipediaで確認してみませう(・ω・)


悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年(平成18年)9月6日 - )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第一男子。身位は親王。皇室典範に定める敬称は殿下。お印は高野槇。皇位継承順位第3位。今上天皇の孫にあたり、姉に眞子内親王と佳子内親王がいる。


お生まれになったのは、
2006年(平成18年)9月6日



なんだかね、6だらけなんですよ( ̄ー ̄;



平成18年=666

200696




しかもですね、この年、皇紀2666なのです。



平成18年=666

200696

皇紀2666




なんか、凄まじくないですか?(;谷)


666.png


「碧玉の巻」第十五帖
五六七のミロクの代から六六六のミロクの世となるぞ。
六六六がマコトのミロクの世であるなれど、六六六では動きないぞ、六六六は天地人の大和の姿であるなれど、動きがないからそのままでは弥栄せんのぢゃ、666となり又六六六とならねばならんぞ、新しき世の姿、よく心得よ。



そして、ですね。


悠仁様が666歳(18歳)になられる年は…


なんと、2024年( ̄ー ̄;;


a29.png


「紫金之巻」第九帖
新しき 御代のはじめの たつの年、
あれ出でましぬ かくれゐし神。
かくり世も うつし御国の 一筋の 
光りの国と さきそめにけり。



これは一体、何を意味するのでしょうか。( -ω-)ウーム…


もうちょっと加筆したいところですが、これ以上は触れてはイケナイような気がしますので、このくらいにしておきます(・ω・)


別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
キーン氏、日本国籍を取得 「待っていた知らせ、非常にうれしい」
2012-03-09 Fri 11:18
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120309-00000085-san-soci

以下記事転載

キーン氏、日本国籍を取得 「待っていた知らせ、非常にうれしい」
産経新聞 3月9日(金)7時55分配信

 海外における日本文学研究の第一人者、ドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(89)の日本国籍取得が認められ、8日付の官報で告示された。キーン氏は同日、名誉区民となっている東京都北区の区役所で会見し、「待っていた知らせで、非常にうれしい」と日本語で喜びを語った。

 キーン氏は、これまで1年の半分を日本で過ごしてきたが、昨年1月ごろ永住を決意。東日本大震災後、多くの外国人が帰国する状況を知って、「日本を信じることを示したかった」と日本定住への意志をさらに強固にしたという。昨年9月に来日し、講演や執筆活動を精力的に行ってきた。

 この日は北区から、自身で考えた「鬼怒鳴門(キーン・ドナルド)」という漢字表記の名刺を贈られた。

 名刺の拡大コピーを手にしたキーン氏は、戸籍上の名前は「キーン ドナルド」になるといい、「(漢字の名刺は)人を笑わせるために使いたい」と述べ、周囲を笑わせた



鬼 怒鳴門 キーン・ドナルド って…この当て字は…(; ゚д゚)ハッ!

鬼が怒る鳴門…?

このお方は何か知ってらっしゃるのでしょうか?(; ̄ー ̄)


しっかしまぁ、日本人でさえ日本から逃げ出している今の日本。
この国難の中、逃げ出す日本人もいれば日本を愛し、日本を信じ、永住を決意される外国のお方がいる。
あれ?これどっかで聞いたような…(・ω・)


[日月神示]上つ巻 第二十二帖
いよいよとなれば、外国強いと見れば、外国へつく臣民沢山できるぞ。

そんな臣民一人もいらぬ、早うまことの者ばかりで神の国を堅めて呉れよ。



日本に住んでいながら日本が嫌いな人も沢山いる、何の為に日本にいるんでしょうか?反日活動の為でしょうか?
そんな日本人は見た目は日本人でも、魂は外国人なのではないでしょうか。
あれ?これもどっかで聞いたなぁ…(・ω・)


[日月神示]上つ巻 第十五帖
顔は神の臣民でも心は外国身魂ぞ、
顔は外国人でも身魂は神の臣民あるぞ。



( -ω-)ウーム…


別窓 | 気になること | ∧top | under∨
【日月神示】旧九月八日
2012-03-02 Fri 16:47
「旧九月八日」、日月神示によく出てくる日付けですね。

まず、日月神示の中から九月八日の記述を引っ張ってきます。


「日月の巻」第十帖
辛酉の日と年はこわい日で、よき日と申してあろがな。
九月八日は結構な日ざが、こわい日ざと申して知らしてありた事少しは判りたか。

「キの巻」第十四帖
九月八日の仕組近ふなったぞ、この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび、神々地に成り悉く弥栄へ 戦争つきはつ大道ぞ。

「水の巻」第九帖
旧九月八日とどめぞ。

「松の巻」第三帖
旧九月八日までにきれいに掃除しておけよ。残る心獣ぞ。

「松の巻」第三帖
神とならば、食ふ事も着る事も住む家も心配なくなるぞ。日本晴れとはその事ざぞ。
旧九月八日までに何もかも始末しておけよ。

「夜明けの巻」第三帖
心引かれる事残しておくと、詰らん事で詰らん事になるぞ。
もう待たれんことにギリギリになってゐる事判るであろがな。
世界の愈々のメグリが出て来るのはこれからであるぞ、九月八日の九の仕組近付いたぞ。

めでたさの九月八日の九のしぐみ、とけて流れて世界一つぢゃ。


大体こんなところでしょうか。

一体何なのでしょうか?旧9月8日に起きた出来事を調べてみました。


旧暦の9月8日に起こった大きな出来事と言えば…
明治天皇の即位に伴い明治に改元。


結構な日ざが、こわい日…なんだかコレだけで十分納得できそうですw

ちなみに新暦の9月8日に起こった大きな出来事は、聖母マリアの誕生日らしいです (ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

「ハルマゲドン」で〇九十の数というのは、日月神示に出てくる「年」「月」「日」を表しているのではないか?という事を述べました。
それでは、時節表で9月8日を探してみませう。(・ω・)

a19.png

日月神示を読んでおられる方なら分かると思いますが、旧九月八日とは九九月八日とも読みます。ですので、赤色で記したところが9のつく部分、ココが「九」や「旧」から始まる記述と関わってくる可能性があります。
※分かり易くする為、他の部分はグレースケールにしました。



ところが・・・



日月神示を読んでいると、以下の記述に出くわします。


「日月の巻」第十帖
日本の臣民これで戦済む様に申してゐるが、戦はこれからぞ。
九、十月八日、十八日は幾らでもあるのざぞ。
三月三日、五月五日はよき日ぞ。    

「日の出の巻」第四帖
旧十月八日、十八日、五月五日、三月三日は幾らでもあるぞと申してあろが、
此の日は臣民には恐い日であれど神には結構な日ざぞと申してあろが、
神心になれば神とまつはれば神とあななへば臣民にも結構な日となるのぞ。
其の時は五六七の世となるのざぞ。



「九、十月八日」は、文字通り九月八日十月八日です。
って…「十月八日」ってなに!? 九月八日って言ってたのにどっちなの(’A`)?

という事でw 九月八日の他に十月八日も調べなくちゃいけなくなってしまったワケですが…w

意外にもコレが簡単に解けちゃうんですね(・艸・)

「鳴門の仕組」で驚くべき一致を見せた「2016年」ですが…

なんと、ココでも驚くことに…


2016年の10月8日は、旧暦の9月8日になるんですよ(;゚∀゚;)!!


旧暦9月8日が新暦10月8日と重なる日って、実はよくある事なんじゃね(´-`)? と思い調べてみたところ、2016年以前は1951年、以後は2035年になるんですね。そう滅多にあるもんじゃないんですよ。
当然ですがこの時節表では2016年しかございませんヾ(;´▽`A``

という事で、なんかね…全部2016年になっちゃうんですね…(;谷)=3

要するに、日月神示が言いたい事は、


2016年の秋の九十 こと なんぢゃ(;゚∀゚;)!?



では次に進みますw
先ほども引用しましたが、以下の記述をもう一度引用します。


「日月の巻」第十帖
日本の臣民これで戦済む様に申してゐるが、戦はこれからぞ。
九、十月八日、十八日は幾らでもあるのざぞ。
三月三日、五月五日はよき日ぞ。    

「日の出の巻」第四帖
旧十月八日、十八日、五月五日、三月三日は幾らでもあるぞと申してあろが、
此の日は臣民には恐い日であれど神には結構な日ざぞと申してあろが、
神心になれば神とまつはれば神とあななへば臣民にも結構な日となるのぞ。
其の時は五六七の世となるのざぞ。



旧九月八日を調べていくと、十月八日が出てきました、これは先ほど述べた通りですが、ナゼかこれらと必ずセットで「十八日、五月五日、三月三日」が登場してきます。

これらは一体何なのでしょうか。(・ω・)?

「十八日」は、十月八日の事を言っているような気がします。
ってか先日、天皇陛下が手術され、無事成功致しましたが、この手術の日が2月18日だったんですよね…あん時は、なんで18日にするの!?ってヒヤリとしましたがw

「五月五日、三月三日」はどちらも節句の日ですね。これ、一言で言うと「伝統的な年中行事を行う季節の節目」となるようです。

旧暦の9月8日に起こった大きな出来事とは「明治天皇の即位に伴い明治に改元」でした。

どちらも「節目」なんですね。って事は…


2016年の秋に何らかの節目を迎える(・艸・)!?

んじゃあ、2016年に何が起こるの?どうしたらいいの?…って…
それは…日月神示にちゃんと書いてあるので、ご自身で読んで下さいませw



ってなワケで、旧九月八日の意味が分かりました。

では、続けますw

この「三月三日と五月五日」という日は、「節目」の意味で使われていると思われますが、
実は他にもいくつかこの日に関わる記述が出てきます。


「キの巻」第十四帖
三月三日から更に厳しくなるから用意しておけよ、五月五日から更に更に厳しくなるから更に用意して何んな事起ってもビクともせん様に心しておいてくれよ、心違ふてゐるから臣民の思ふことの逆さ許りが出てくるのざぞ、九月八日の仕組近ふなったぞ、この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび、神々地に成り悉く弥栄へ 戦争つきはつ大道ぞ。

「水の巻」第五帖
江戸の仕組旧五月五日迄に終りて呉れよ。
後はいよいよとなるぞ。

「磐戸の巻」第十六帖
子の歳真中にして前後十年が正念場、世の立替へは水と火とざぞ。
ひつじの三月三日、五月五日は結構な日ぞ。



三月三日から更に厳しくなる〜五月五日から更に更に厳しくなる〜九月八日の仕組近ふなった〜という流れを読めば、九月八日の仕組より前に「三月三日から更に厳しくなる」「五月五日から更に更に厳しくなる」があるように思われます。
「江戸の仕組旧五月五日迄に終りて呉れよ。後はいよいよとなるぞ。」これも「後はいよいよとなる」九月八日の仕組の事を言っているのではないでしょうか。

そしてコレ、「ひつじの三月三日、五月五日は結構な日ぞ。」ひつじって…言っちゃってるんですよねw

a20.png

赤で記したところ、この年が「未」ですので、この年の3月3日、5月5日って事でしょうか。〇九十の数ではこの年は「9」です。「9」「九」であり、「旧」とも読みますので、やはりこの年は危険が危なそうです。

でも、厳しくなるって…なんか怖ひ( ̄ー ̄;;

という事で、

2015年3月3日→5月5日→2016年9月8日とどめ。

こんな感じになるのではないでしょうか。

それと、最初に貼った以下の時節表ですが、

a19.png

この赤で記したところも、やはり「9」「九」「旧」と読めますので、これらの年の3月3日・5月5日・9月8日(いずれも旧暦含む)前後は念のため気をつけておいたほうがいいかも知れません。
と言っても、心の準備くらいしかできませんが。(・艸・)

別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。