永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】マヤの予言
2012-05-15 Tue 17:01
「マヤの予言=2012年人類滅亡」とか言ってた学者だか何だか分からない人達、

散々煽り立てたあげく・・・

土壇場になって、

世界は終末迎えず(・∀・)♪

という結論に至ったそうですw

以下転載

世界は終末迎えず? マヤ最古のカレンダー
 中米グアテマラにある9世紀初期のマヤ文明遺跡の壁画に、月や惑星の周期を計算したマヤ最古のカレンダーがあるのを米ボストン大などのチームが発見した。欧米などではマヤの暦に基づき、ことし世界が滅びるとする終末論があるが、終末を示すような計算結果は見当たらなかった。
 チームは「逆に、世界には7千年間は先があると考えていたようだ」としている。カレンダーは日食の時期も予想するなど、天文に関する高度な知識がうかがえる。成果は11日付の米科学誌サイエンスに発表された。
 チームは2010~11年、グアテマラ北部の遺跡を調査。



このように。

「世界は終末迎えず」という事にしちゃったみたいなのですが、
実は「マヤの予言=2012年人類滅亡」とか言ってた連中(連中とか言わない)は、
2010年の段階で、コソーリ2015年に延期してたのって知ってました?

私は知りませんでした(==)

以下転載

人類滅亡が2015年に延期!?
UPDATE 2010/11/29 メキシコ・メリダ

 これは喜んで良い事なのだろうか?世界中を騒がせているマヤの2012年人類滅亡説。精密なマヤのカレンダーに基づく計算の結果、2012年12月23日に人類は滅亡するという驚嘆の予言はハリウッドでの映画化も在り、世界中を震撼させた。
 しかし、先日マヤの学者たちは、地球最後の日を訂正したのだ。その新しい発表によると、世界が滅亡するのは2012年ではなく、2015年になるのだという。つまり、うっかり……計算ミスをしていたというのだ。2012年に世界が終わるとするマヤの予言を恐れていた人には、朗報かもしれない。しかし、世界の名だたる著名な学者たちが揃って計算ミスをすることがあり得るのか?
 この騒動の原因は、ある学術書に新しい修正が加えられたことによる。マヤ文明を研究する多くの学者が計算の根拠とする『暦と歳月/古代・中世世界の天文学と時間』の1章だ。
 この計算の根拠とも言えるマヤ暦を現代暦に換算する方程式が間違っていたというのだ。これでは計算がズレるのもやむをえないだろう。
 マヤ研究の第一人者ロバート・ワナメーカーによると、「過去20年のマヤ学者たちは、この資料を信じきって、うのみにしすぎだった」は指摘する。
 さて、ここで問題なのは、この新たなマヤの2015年と言う人類絶滅説が、古代エジプトの人類滅亡説と一致することだ。世界の2大文明の予言が重なるというのは、かなり衝撃的な事実である。マヤの予言を半信半疑で受け止めていた人も、今度は信じないわけにはいかないだろう。
 この新たな2015年人類滅亡説については、WWNのみならず、我々が最も信頼する「アジア最強の分析調査力」と言われる日本の週刊プレイボーイ取材班もエジプトで現地調査を行っている。彼らの調査結果は11月29日発売の週刊プレイボーイ50号から3週連続で発表されるというので、こちらも注目したいところだ。
 果たして予言通りに2015年に世界は海の底に沈むのか、それとも火の海につつまれるのか…。ともあれ、その日まであと5年もある。悩むのは2014年からでも十分かも知れない。アルカイダに北朝鮮、世界には他にも危険な出来事が、毎日ウンザリする程おきている。我が国とて来年の安全すら予測できないのだから。



という事で。

今回の「世界は終末迎えず」という発表の少し前には、
人類滅亡は2012年ではなく、2015年でした。と、訂正してたんですねw
こういう問題、うっかりミスとか許されるのでしょうか。
よく分かりませんが。


2012年人類滅亡
   ↓
2015年人類滅亡に訂正
   ↓
世界は終末迎えず
 ←今ココ


一体彼らは何がしたいのでしょうか。( -ω-)ウーン

ちなみに、この2015年というのは、

「古代エジプトの人類滅亡説と一致する」らしいのですが、


私も2015年は・・・


kikengaabunai.jpg


と、思っていますw


だって、2015年は「9」で、2016年は「8」なんだもん↓
064.png

まぁ、人類滅亡するのかどうかは分かりませんがヾ(;´▽`A``


スポンサーサイト
別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
皇族の未知・神秘
2012-05-09 Wed 12:47
先日の記事の最後に、ココ→「皇室関連情報」で、
皇室関連の動きがチェックできると言いました。
もちろん私は毎日チェックしているのですがw
ここのニュースの中に「天皇家長女、黒田清子さんが就任」というのがあり、
私は( ´_ゝ`)フーン くらいにしか思っていなかったのですが、
今日、「大地震・前兆・予言.com」さんとこ覗いていたら、
「皇族の未知・神秘」という記事が上がっていまして、
読んでみると、ちょっとビックリしてしまいました( ̄ー ̄;

以下、全文転載させて頂きます。

皇族の未知・神秘

452:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 16:53:04.00 ID:OSE4DsBT0
いよいよ夫婦岩露出とかで大地震リーチで切羽詰まって、
天皇家最強能力者「サーヤ」を使うらしい


伊勢神宮臨時祭主に黒田清子さん 天皇家の長女
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/370430.html



454:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 17:00:23.33 ID:OQHRGW1i0
>>452
これは期待できるかな

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070315114127.jpg


489:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 18:03:03.72 ID:QUzMr/AI0
>>454
天使だな







497:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 18:49:07.57 ID:QjbWLxVkO
>>454
後ろに写ってるの黒田さん?www


527:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 19:44:33.38 ID:oC8TIgiZ0
>>454
こういうのみると、オカルトの実在を確信しちゃうよね。
ま、ここに集まってくる俺らはオカルトもどきだけど


544:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 20:10:41.01 ID:QLsdlPaYO
>>454

神レベルなら、携帯の待ち受けにするとご利益あるのかもな。


580:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 21:19:33.53 ID:vSNoKS0rO
>>454
うほっw良い画像w
神々しい~!


602:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 22:19:50.45 ID:XKtzJ7k80
>>454って右手に餌持ってるみたいだけど
餌付けされてるような白鳩だからこうなるのは普通じゃないのか?
確かに動物好きそうなほんわかオーラは出てるけどどうなんだ


616:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 22:42:05.07 ID:oC8TIgiZ0
>>602
>って右手に餌持ってるみたいだけど
>餌付けされてるような白鳩だからこうなるのは普通じゃないのか?
>確かに動物好きそうなほんわかオーラは出てるけどどうなんだ

まあ^^;確かに手乗り鳩とかありますけれど、こんなにうまいことなつかないでしょ

場所は宮崎市「こどものくに」時期は87年12月
2012年時点で「こどものくに」で白鳩は飼ってなさそう
http://www.kodomo-no-kuni.com/01_area/images/pdf/map.pdf
(でも25年前だから当時は飼っていたのかも)

持ち込みとすると、靖国神社で飼ってる白鳩の会からか「こどものくに」のすぐそばにある生長の家、白鳩会あたりか
ぐらいですかね~。


455:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 17:00:52.78 ID:Ma15evSQ0
>>452
ついにこのときが来たな。
あの伝説の黒田家が表に出るって事は、今後は相当な危機が待ち受けているんだろう。

彼女の力で少しでも被害が少なくなれば良いのだが・・


488:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 17:55:09.95 ID:RuEmQ88M0
>>452
そ、そんなにすげーのかよ!?


492:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 18:36:56.11 ID:BhLI7v5/0
>>488
2004/10/23 ご婚約第一報予定日(地震により延期)
   23日新潟県中越地震でM6.8最大震度7
2004/11/14 紀宮さま 婚約内定
   14日浅間山で中規模の噴火
2004/12/18 紀宮さま 延期後の予定日
   18日高松宮妃喜久子さま死去
2004/12/30 紀宮さま 黒田氏のご結婚会見
   28日18:30 新潟県中越地方で震度5弱
   26日スマトラ地震M9.3観測史上2番目
2005/03/20 紀宮さま 納采の儀
   20日福岡西方沖地震M7.0 福岡市震度6弱
2005/03/29 黒田さん 都係長級に昇進
   スマトラ余震M8.5
2005/04/17 黒田さん お誕生日
   スマトラ島ニアス島で日本時間午前1時40分地震。M6.3
2005/05/18 紀宮さま 黒田さん結婚式日・会場発表。21:34速報。
   19日午前 1時33分 釧路沖で震度4。M5.1
   午前10時14分頃千葉県東方沖M.5.4
   午前 9時(日本時間同11時)スマトラ島沖でM6.7


493:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 18:38:05.57 ID:BhLI7v5/0
>>492 続き
2005/06/22 紀宮さま寿退社で送別会
   20日13時 3分 新潟中越で震度5弱
2005/07/04 結婚式概要、行事日程発表
   5日 8時52分(日本時間10時52分)スマトラ島西方インド洋M6.7
2005/08/13 紀宮さま黒田氏 秋篠宮邸で食事
   16日11時46分 宮城で震度6弱 日本時間16時
   21日11時29分 新潟県中越で震度5強
2005/10/05 紀宮さま 告期の儀
   8日パキスタンでM7.6。死者9万人とも10万人とも…。
2005/11/12 紀宮さま 朝見の儀
   12日非常に強い訳ではないものの、日本で立て続けに有感地震。
2005/11/15 「入第の儀」のあと、帝国ホテルで結婚式、披露宴
   三陸沖で地震 - M 7.2、北海道から関東にかけて最大震度 3。大船渡市で最大50cmの津波観測。
   下記URLは、この日に起きた地震の震源地と震度分布">地震の震源地と震度分布
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/db_map/200511/15/A2005-
1115063851380030038016300800144566801610450000072D71V-
5213018327_map.html


3.11の津波地震の前兆はこのときに既にあった訳ですね


500:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 18:53:18.43 ID:BhLI7v5/0
>>493
を見てもらえればわかると思うけど
本来3.11の震災は、スマトラ地震に続いて2005年に発動する予定だったのが
サーヤの力で2011年まで先延ばしにされていたんだと思う

小泉元総理が当時異常に高い支持率のもと「今年(2005年)半ばまでしか総理大臣はやらない」と言い張ってたんで
巨大地震の予定は本来2005年後半だったことがわかる


506:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 19:02:21.48 ID:RuEmQ88M0
>>500
張ってくれてありがとう。
婚約してよかったのかよw


514:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 19:14:58.70 ID:BhLI7v5/0
>>506
婚約発表される直前に中越地震がおきたけど震度7をマークした割には人的被害は小さかったし
その後、国内で起きた地震や噴火でも大きな被害は出ていない
でもさすがに国内までしか力が及ばなかったようなので海外の被害までは押さえきらなかったみたいだね

ただ、ご結婚後は公務から外れたんで2010年までしか当時の力が持続しなかったんじゃなかろうかと

2005年以降毎年総理が交代していたのもだれが震災にぶち当たるかのババ引きをしていたんだろうなと


500:本当にあった怖い名無し:2012/05/07(月) 18:53:18.43 ID:BhLI7v5/0
>>492
を見てもらえればわかると思うけど
本来3.11の震災は、スマトラ地震に続いて2005年に発動する予定だったのが
サーヤの力で2011年まで先延ばしにされていたんだと思う

小泉元総理が当時異常に高い支持率のもと「今年(2005年)半ばまでしか総理大臣はやらない」と言い張ってたんで
巨大地震の予定は本来2005年後半だったことがわかる


これって、実は物凄く意味のある事なのかも知れませんね。
うーん、どうなるんでしょうか( ̄ー ̄;;

別窓 | 気になること | ∧top | under∨
ある男性が臨終間際に見た2006年6月の大災害のビジョン3
2012-05-07 Mon 11:49
皇太子一家が無事お帰りになられました。

でも、やっぱまだ気になる(==)

というのもですね、皇太子一家は毎年那須御用邸へ行かれるのですが、
この時期、特にGWに行かれたのは実に9年振りなんだそうです。

もう一度引用しませう。

皇族が東京を離れたら、危険の知らせだ。
休養を理由に移動する。
皇太子一家は、どうやら那須らしいなあ。


これをどう読むかなのですが。

つまり、皇太子一家が那須へ行っておられる時が危ないのか、
それとも、この時期、皇太子一家が那須へ行かれた事で、
いわゆるフラグが立つという意味なのか。
というか、皇太子一家が那須へ行っておられる時には大きな地震は起きていないので、
(大きな竜巻は発生しましたが)残るのは後者のパターンでしょうか。( -ω-)ウーン…

それとこれ。

来年(今年2006年)5月から東京に行かないで、
6月は絶対いかないで。

来年の地震?ウーン…
その青写真の先、本当の本当の危機は、
6年後、7年後の青写真さ。


ちょっとややこしいんですが、2005年に書かれているので、
これを読み替えると・・・

来年(今年2012年)5月から東京に行かないで、
6月は絶対いかないで。


と読めるんですね。( ̄ー ̄;

それと、全然知りませんでしたが、今年の5月5日・5月6日はスーパームーンとか言うやつだったそうで、調べてみると、昨年の震災直後もこのスーパームーンとか言う天体現象?が起きていたみたいです。また、今月は金環日食太陽磁場の4極化東京スカイツリー開業などイベント目白押しですので、やはり今月・来月は臨終予言に書かれている通り、念のため注意したほうが良いのかも知れません。

そもそも、なぜ私がこの「臨終予言」が気になるかと言いますと、
自分で書いた記事で恐縮ですが、コレコレが気になっているからです。

それと、まさかそれはないだろうって妄想なので、
以下、話半分に聞いてあげて下さいw
まず、この時節表↓

080.png

この中で、日本に大きな地震が起きたのが・・・

1995年1月17日 阪神淡路大震災

2011年3月11日 東日本大震災


この2つでしょうか。共に「8」「9」で開いた時に起きた地震です。
この日付け「117」と「311」の共通点。
共に「11」が入っているので、これが共通点に見えますが、
「3」と「7」の共通点って見逃してない?

実は 三 五 七 だったりして。みたいな(・ω・)?

日月神示の記述にもよく出てくるんですね。

「夜明けの巻」第十帖
元津大神、心の中で唱へ奉り、スメラミコト唱へ、
次に声高く天津日嗣皇ミコト大神唱へ、天のひつくの大神と唱へ奉れ。
タマの宮は、かむながら祝詞でよいぞ。
一二三のりともよいぞ、シメは当分造りめぐらしてもよいぞ。
今までのシメは此の方等しめて、悪の自由にする逆のシメざから、
シメ張るなら、元のシメ、誠のシメ張れよ。
七五三は逆ざぞ。
三五七ざぞ。
天地のいぶきぞ。
波の律ぞ。
風の律ぞ。
神々様のおんいぶきの律ざぞ。
八月の六日、アメのひつ九の神。


という事で、
「117」と「311」とくれば「511」とか「115」とか?
まぁ、こんな単純な日付けに何か起こるとは思えませんのでw
完全に私の妄想ワールドですヾ(;´▽`A``

それと、ついでに書いておきますが、日月神示に書かれているこの記述は、注連縄の事だろうと思います。注連縄って七五三縄とも書くんですね。出雲では一般とは真逆の注連縄ですから、まさに七五三縄ではなく三五七縄となっています。また「元のシメ、誠のシメ張れよ。」というのは出雲のシメが元のシメであり、誠のシメ。という事が言いたいのではないでしょうか。

taishya.jpg

また、出雲大社の参拝方法は「二礼、二拍手、一礼」ではなく「二礼、四拍手、一礼」であり、日月神示の四拍手や八拍手などともつながります。
ちなみに私はどこの神社へ行っても「二礼、四拍手、一礼」で挑んでいます(オイオイ

話しが逸れましたが(==)

私同様、いわゆる「臨終予言」が気になる方は、皇室の動きを注視しておくと良いかも知れません。今回のような動きは年に数回あったりしますのでw
コチラ↓で皇室関連の動きがチェックできます。

皇室関連情報


別窓 | 気になること | ∧top | under∨
ある男性が臨終間際に見た2006年6月の大災害のビジョン2
2012-05-04 Fri 12:39
先日「ある男性が臨終間際に見た2006年6月の大災害のビジョン」というのを記事にしましたが、もう一度、一部引用させて頂きます。

『星が並ぶ時、その時がやってくる。それはすべての序章、始まりに過ぎない。語って伝えなければならない。地中深く、大きなうねりは、すでに起こっている。磁場の異変、魚、鳥が方向をあやまる。ある種は多く数を増やし、ある種は多く死を迎える。春より危険の運気が高まる。人心が乱れ、暴力事件、殺人事件、交通事故多発。



まず、

「暴力事件、殺人事件、交通事故多発」

GWは毎年事故のニュースを聞きますが、
今年はGW前から事故が多発しているような気がします。
しかも、もはやどれがどの事故だったのか分からなくなりそうなくらい多発していると思うのは私だけでしょうか?(;谷)

そしてこれ。

「魚、鳥が方向をあやまる。
ある種は多く数を増やし、ある種は多く死を迎える。」


ペルー海岸にペリカンなど600羽の死骸 イルカに続く大量死
一部転載

ペルー海岸にペリカンなど600羽の死骸
イルカに続く大量死

4月29日までにペリカン538羽とペルーカツオドリ54羽の死骸が見つかった。このほかにも、アシカ5匹と腐乱したウミガメ1匹の死骸が発見されたという。
ペリカンらは海上で死んで打ち上げられたのではなく海岸で死亡したとみられるとの声明を発表している。
同じ海岸では1月以降、計850頭以上のイルカの死骸が打ち上げられており、この件に関する調査も進められている。



今年の1月以降850頭以上のイルカの死骸が発見された…って、
850頭って尋常じゃありませんが(;´Д`A ```

続いてこれ。

「夏を待たずして、そのときが来る。
東京、千葉、神奈川、そして茨城に」


もうすぐ夏ですから、今くらいの時期でしょうか。

最後にこれ。

皇族が東京を離れたら、危険の知らせだ。
休養を理由に移動する。
皇太子一家は、どうやら那須らしいなあ。


皇太子ご一家、那須御用邸で静養
以下転載

皇太子ご一家、那須御用邸で静養
TBS系(JNN) 5月3日(木)19時42分配信

 皇太子ご一家が3日、那須御用邸で静養するため、栃木県を訪れました。

 午後2時過ぎ、新幹線で那須塩原駅に到着した際は強い雨に見舞われ、あいにくの天気でしたが、愛子さまは、出迎えた栃木県知事から「田んぼでは蛙が大合唱していますよ」と話しかけられると、笑顔を見せられたということです。また、雨の中、駅前に集まった大勢の人たちにも皇太子ご夫妻と一緒に、手を振って応えられました。

 ご一家はゴールデンウィーク中、那須御用邸で過ごされる予定です。


まぁ、皇太子一家は毎年那須御用邸に行かれるのでなんとも言えませんが。

夏を待たずして、皇太子一家は那須御用邸へ・・・

状況があまりにも似てませんかコレ?(==)

GW中、那須御用邸で過ごされる予定という事ですので、皇太子一家がお帰りになられるまでは注意したほうが良いのかも知れません。

私が気になったので記事にはしましたが、信じる・信じない、心に留める・留めない等は、読まれた側のほうでご判断頂ければと思います。<(__)>


別窓 | 気になること | ∧top | under∨
【日月神示】平安遷都
2012-05-02 Wed 16:26
ここまで32年間の時節表ができましたが、
この時節表が10年+22年でできているのは見て頂けると分かると思います。

080.png

時節表の始めの年は1993年ですが、驚く事に、この年の10月22日が旧9月8日になるんですね。この時節表の中で、他に10月22日が旧9月8日になるという年があるのか調べてみると2012年、2023年がありました。ここからちょっと私の妄想になるかも知れませんが、一応、可能性という事で書いておきます。まず、1993年に起こった出来事に「皇太子徳仁親王、小和田雅子のご成婚」というのがありました。皇室に大きな動きがあったんですね、これを参考にすると、2012年、2023年に皇室で何か大きな動きがあるのではないでしょうか。(というか、2023年は「大いなるタメシ」にしちゃってるので、こちらは大きな動きどころではないモノを想定していますが)また、旧9月8日というのは日月神示では「節目」という意味で使われているものと思いますので、「皇太子徳仁親王、小和田雅子のご成婚」というのも、「節目」であった可能性があります。
そして、「九、十月八日=2016年」(詳細はコチラ)も旧9月8日という言葉が絡んでくるので、2016年も何がしかの「節目」を迎えるのではないでしょうか。

また、この10月22日というのは何なのか調べてみたんですが、これ、ちょっとびっくりしたのですが、10月22日って「平安遷都」いわゆる・・・

794うぐいす平安京ってヤツだったのですよ(・艸・)
heiankyo01.png
ちょっと話しが逸れますが、
また、知っている方も多いと思いますが・・・

平安京をヘブライ語に訳すと【エル・シャラーム】
これを日本語で発音すると【エルサレム】 
平安京とはイスラエルの聖地【エルサレム】の事だったのです。(又は復元都市)


という事で、聖書に出てくる「イスラエル」や「エルサレム」は日本の事を言っている可能性が非常に高いので、該当する部分は読み替えて読む必要があろうかと思います。
私は聖書に関してあまり詳しくないのでここまでにしておきます(==)

という事で、話しを戻しますw

ではなぜ「平安遷都」というのが行われたのでしょうか?
何か理由があったんだろう…と、調べてみるとですね。


「南海地震」が起きちゃったから(;゚∀゚;)!?
http://ja.wikipedia.org/wiki/南海地震
って事みたいです。

以下転載

平安遷都794年の南海地震か、古文書で確認
 平安京への遷都が行われた794年(延暦13年)に南海地震とみられる未知の巨大地震が起きていたことが、古文書の調査でわかった。
 岡山大の今津勝紀准教授(日本古代史)が17日、発表した。南海地震は100年程度の周期で起きているとされるが、この地震の前後約200年間の記録はこれまでに見つかっておらず、その「空白期間」を埋める地震だとしている。
 今津准教授によると、日本の正史の一つ「日本後紀」などの内容を抜粋した「日本紀略」(平安時代に編纂)に、延暦13年7月10日、「宮中並びに京畿官舎及び人家震う。或いは震死する者あり」との記述があった。その2年後には、四国の海沿いを巡る古代の街道「南海道」を廃止し、後に新たに道を設けたと記されていた。
 今津准教授は、街道の廃止は、巨大地震による大津波被害のためだったとし、その震源域が太平洋側と推定されることから、南海地震だったと判断した。


で、ですね。

つい先日ニュースで「硫黄島沖合で海底噴火」というのを見ました。
ネット上にも当然ありましたので以下に転載します。

硫黄島沖合で海水変色 海底噴火か
29日午後、小笠原諸島の南にある硫黄島の沖合で海水が変色しているのが確認され、気象庁は「海底噴火が発生した可能性がある」として、周辺の海域などでは火山活動に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、29日午後3時40分ごろ、硫黄島の北東1.5キロの沖合で、海水が青く変色しているのを海上自衛隊が上空から確認しました。
このため気象庁は、29日午後7時すぎ、「硫黄島の北東沖で海底噴火が発生した可能性がある」と発表し、周辺海域を航行する船舶などに今後の火山活動に警戒するよう呼びかけています。
硫黄島は小笠原諸島の父島の南230キロ余りにあって、6年前の平成18年以降、島全体が膨らむ傾向の地殻変動が観測され、先月には島の西部にある火口でごく小規模な水蒸気爆発が発生しました。さらに27日以降、島内で小規模な地震活動が活発化して、これまでより大きな地殻変動が観測され、29日午前4時半ごろからは一時火山性の微動も観測されていました。
硫黄島には現在、海上自衛隊と航空自衛隊の基地がありますが、一般の住民は住んでいません。



この記事の中の「島全体が膨らむ傾向」という現象に驚きました(・艸・)

で、最近色々な所で見かけるこのニュース。
以下転載↓

meotoiwa.jpg

 伊勢市二見町江の二見興玉(ふたみおきたま)神社で十日、海に浮かぶ名所の夫婦岩周辺の潮が大きく引き、夫婦岩の全体の姿がすっぽりと現れた。干満の差が中ぐらいの中潮(なかしお)の時期に当たるが、神社に十三年ほど仕える神職は「夫婦岩がこんなに完全に海面から出るのは見たことがない」とびっくり。珍しいという。
 神社によると、干満の差が最大となる大潮のときでも通常、夫婦岩の男岩(おいわ)(高さ九メートル)と女岩(めいわ)(四メートル)のうち、男岩の最下部は海水に漬かっている。
 この日は少なくとも午後から、男岩のほか、周囲の岩礁もあらわになるほど潮が引いた。同様の光景は九日も見られた。
 第四管区海上保安本部(名古屋市)によると、計算上は潮位に異常はないという。津地方気象台によると、近くの鳥羽の十日の干潮時の潮位は予測値よりも若干低めだったが「それでも誤差の範囲内。気圧が潮位に影響を与えることもあるが、原因は分からない」と首をかしげている。



要するに、ここら辺って・・・

膨らんでるんじゃないの(;゚∀゚;)!?

2012年の10月22日は、旧9月8日です。

10月22日は「平安遷都」で、理由は「南海地震」が起こったから。旧9月8日は「節目」という意味。

これらを繋ぎ合わせて読むと・・・

いや、これ以上書くのはやめておきませう(〒〒)

「南海地震」→「平安遷都」、このパターンを、今現在に当てはめてみるとどのようなパターンになるのか…それが私の答えです。

先日書いたこの記事も参考になろうかと思います。



昨日の記事の拍手ボタンをポツっとして頂いた方、ありがとうございます。
少なからず読んで理解できる方がおられるようで安心しました(*゚∀゚)=3


別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
【日月神示】時節表の補足と解説
2012-05-01 Tue 18:21
さて、今んとこできた時節表がコレ↓ですが。

080.png

これでほぼ時節表は完成したと思っています。

ここまで、私の言っている事がどこまで理解されているのか恐ろしく謎ですがw
分かる人にだけ分かれば良いというスタンスで、実は今までかなりハショって書いてきています。記事ごとに追記しょうかなぁとも思いましたが、今回はまとめてそこら辺のお話しをしたいと思います。

まず【富士の仕組】
〇九十(マコト)の数「012345678910」ができました。
詳しくはコチラから。

a03.png

この〇九十(マコト)の数の関連する記述として更に以下のものがあります。

「碧玉の巻」第五帖
七は成り、八は開くと申してあろうが、八の隈からひらきかけるのであるぞ、ひらけると〇と九と十との三が出てくる、これを宮と申すのぞ、宮とはマコトのことであるぞ、西と東に宮建てよと申すこと、これでよく判るであろうが、マコトの数を合せると五と五十であるぞ。
中心に五があり、その周辺が五十となるのであるぞ。
これが根本の型であり、型の歌であり、型の数であるぞ、摩邇の宝珠であるぞ、五十は伊勢であるぞ、五百は日本であるぞ、五千は世界であるぞ、このほう五千の山、五万の川、五億のクニであるぞと申してあろうがな。


「マコトの数を合せると五と五十であるぞ。」
「中心に五があり、その周辺が五十となるのであるぞ。」


「五と五十」ですから、合せると答えは55ですね。
では、マコトの数を合わせてみませう(・ω・)

0+1+2+3+4+5+6+7+8+9+10=55

この記述の一番言いたい事は合わせて55という事ではなく、
「中心に五」がなければならないという事です。

1+2+3+4+5+6+7+8+9+10=55
でも答えは同じく55になりますが、5が中心になりません。
要するに最初に「レイ」を入れろって事が言いたいんですね。

更に、

「天つ巻」第十帖
一二三の裏に〇一二、三四五の裏に二三四、五六七の裏に四五六の御用あるぞ。
五六七すんだら七八九ぞ、七八九の裏には六七八あるぞ、八九十の御用もあるぞ。
だんだんに知らすから、これまでの神示よく心に入れて、ジッとして置いて呉れよ。


これも、一見意味不明な記述ですが、
前途したように言いたい事は同じだったりします。
以下のようにしてみるとよく分かると思います。

表→ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
裏→ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


一二三の裏に〇一二、三四五の裏に二三四、五六七の裏に四五六の御用あるぞ。
五六七すんだら七八九ぞ、七八九の裏には六七八あるぞ、八九十の御用もあるぞ。

全くその通りではないですか?
これも最初に「〇」を入れろって事が言いたいんですね。
そしてこの最初に「〇」を入れる事で、「始の始と始が違ふぞ。」の、一番最初の「始」が正される事になります。
もっかい貼っときますw

a03.png

そして、以下の記述から・・・

「至恩の巻」第二帖
フトマニとは大宇宙の法則であり秩序であるぞ、
神示では012345678910と示し、その裏に109876543210があるぞ、 〇九十(マコト)の誠であるぞ、合せて二十二、富士(普字、不二)(フジ)であるぞ。
神示の始めに示してあろう。二二(富士)は晴れたり日本晴れぞ。


22年間の時節表ができました。

a005.png

この22年間の時節表ですが、更に関連する記述がコレ↓です。

「夏の巻」第二十五帖
二十二のように知らすぞ。
神の仕組、間違ひなし。
どしどしと運べよ。

「黄金の巻」第四十三帖
天国の礎、出足の地場は二二からぢゃ。
二二の道は秘文の道ぢゃ。

「春の巻」第二十一帖
二二のマツリ、出船の港ぢゃ。

「春の巻」第二十五帖
出足の港は二二の理からぢゃと申してあろう。


まずは22年間の時節表、
これを作る事が最初の作業ってところでしょうか。

では次に、二二(富士)という事で22年間の時節表ができましたが、
実は「三十年で世の立替いたすぞ。」という記述が後に出てきます。

30年から22年を引けば8年です。また「始の始と始が違ふぞ。」という事でしたので、
22年の前に8年を足して計30年の時節表↓となりました。詳しくはコチラから。

081.png

これで「始の始と始が違ふぞ。」の「始の始」が正された事になります。

で、30年の時節表ができましたが、「8」は「9」とセット、言わば2枚扉のような存在なので「9」もあるはず、そして「始の始と始が違ふぞ。後になるほどよくなるぞ。終りの中に始めあるぞ。」という記述を元に終わりの数「10」から始まる時節表↓ができました。

080.png

「9」と「10」を加えて1993年から始まる計32年間の時節表。1993年というのは酉年になるのですが、これが日月神示の記述に出てくる「マコトのことはトリの年」ではないか?としましたが、もちろんこれにもちゃんとした理由がありますw
日月神示では「トリ」「十理」と書き、またこれを「どうり(道理)」とも読みます。

つまり、

「トリ」=「十理」=「道理」

「トリ」は「トリの年」と言っているので酉年のことでしょう。
「十理」の「理」は日月神示では「みち」と読むので、「10の道」という事になります。
そして「道理」の意味は「物事の正しいすじみち。また、人として行うべき正しい道。」という意味になります。「トリ」にはこんだけの意味が内包されているんですね。
これらの意味を考えると、1993年の酉年が「マコトのことはトリの年」で間違いないでせう。また、22年の時節表に8年を足し、更に「9」と「10」の2年を加えて計32年の時節表ができましたが、これで「始の始と始が違ふぞ。」の全ての「始」が正されたのではないでしょうか。

更に、この記事の最初に引用した記述をもう一度ご覧下さい。

七は成り、八は開くと申してあろうが、八の隈からひらきかけるのであるぞ、ひらけると〇と九と十との三が出てくる、これを宮と申すのぞ、宮とはマコトのことであるぞ、西と東に宮建てよと申すこと、これでよく判るであろうが、マコトの数を合せると五と五十であるぞ。
中心に五があり、その周辺が五十となるのであるぞ。
これが根本の型であり、型の歌であり、型の数であるぞ、摩邇の宝珠であるぞ、五十は伊勢であるぞ、五百は日本であるぞ、五千は世界であるぞ、このほう五千の山、五万の川、五億のクニであるぞと申してあろうがな。



「ひらけると〇と九と十との三が出てくる」

最初に「〇」を入れて22年間の時節表ができました、その後、8年間を足して30年の時節表となり、更に「9」「10」の2年間を加えて計32年間の時節表ができました。「ひらけると〇と九と十との三が出てくる」全くその通りになっている事に気付きます。

更に続けますw
以下の記述。

「光の巻」第七帖
十の流れ、十二の流れと今に判る時来るぞ


これは「イスラエルの失われた10支族」とか、そこら辺の事を言っているんだろうと思いますが、この時節表においてもこの流れが重要だったりします。

082.png

とまぁ、今までの時節に関する記事の補足としてはこのくらいでしょうか。
結局、今回も分かる人にしか分からない記事になってしまいましたが(==)
どんだけの方が私のブログを見て理解しているのか知りたいので、読まれて「ガテン」された方は各記事下の「拍手ボタン」をポツっと押してやって下さい。ヤル気にもつながりますので。<(__)>

ちなみにワタクシ、この「拍手ボタン」が何の為にあるのか未だに分かっていませんw

別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。