永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】宵の明星
2012-04-13 Fri 16:27
日月神示「松の巻」第十九帖

宵の明星が東へ廻ってゐたら、

愈々だぞ。
天の異変気付けと、

くどう申してあろがな。



「宵の明星」って・・・金星の事を指すんですが。んでも、
「宵の明星」って、太陽が沈んでいく時に西の空に見える金星の事ですよね。
金星が東へ廻る時は「明けの明星」と言います。
という事は、「宵の明星」とは金星ではないものを指している可能性が高い。

では、東へ廻る「宵の明星」って何なのでしょう。

出口王仁三郎氏もその口述著書である霊界物語第1巻で「ミロクの世」の到来に先立って、前兆として未知の天体が出現して、世の人が驚嘆するらしい様子を次のように語っている。「天に王星の顕はれ、地上の学者知者の驚嘆する時こそ、天国の政治の地上に移され、仁愛神政の世(みろくの世、ミロクの世)に近づいた時なので、これがいはゆる三千世界の立替立直しの開始である。」(霊界物語 第1巻霊主体従 子の巻)

似たような事言ってるんですね(==)

これ、今現在注目されているこの星の事かも知れません。
オリオン座の1等星、ベテルギウスっていう赤く見える星。
これが超新星爆発を起こしそうなんだとか。

orion2.png

巨星ベテルギウス、迫る大爆発 青く輝く天体ショー

これが爆発するとどうなるか。

爆発した光は、肉眼でも100日間は確認できるという。

その明るさは、およそマイナス10.5等、
ほぼ満月(マイナス12.5等)なみの明るさである。

という事だそうです。

日月神示では「東へ廻ってゐたら」と、より詳しく書いてありますね。
オリオン座は秋から冬にかけて、日暮れとともに東の空に上ってきます。
「宵の明星」って、やはりこの星の可能性が高いんじゃないでしょうか。

そして更に、ホピの予言では・・・

暦の終わりには青い星が輝き、
赤い星が輝くときに終わる。


という事らしいのですが、
このベテルギウスが爆発するとですね・・・

現在は赤色に見えるベテルギウスは、爆発すると「青色」になるというから、青色の満月が昼夜わかたず100日間、地球を照らすことになる。数年すると、青から赤へ、もとの明るさに戻っていき、次第に消滅する。



なんだか似すぎてて怖いんですが( ̄ー ̄;;

では、この謎の天体が目に見えて現れるのはいつなのでしょうか。

出口王仁三郎氏は・・・

「これがいはゆる三千世界の立替立直しの開始である。」

と言っています。
それでは、立替立直しの開始っていつなのでしょう?

日月神示では「タテコワシとタテナホシ」で既に述べましたが、立替立直しの期間は計17年間でした。という事は、その謎の天体、もうとっくに見えてなきゃいけないw
の、ですが、白黒まだらな3年間の事だとしたらどうでしょう?日月神示でも、「一、二、三年が正念場ぞ。」「三年のたてかへぞ。」「これから三年の苦労ぢゃ、一年と半年と半年と一年ぢゃ。」「三年の大ぐれ。」と、このように、「白黒まだらな一番苦しい3年間」の事を「たてかへ」と言ってるようなんですね。「白黒まだらな一番苦しい3年間」は2012年〜2015年でしたので、出口王仁三郎氏の言っている「立替立直しの開始」と日月神示の言っている「立替立直しの開始」が同じだとすれば、そろそろこの謎の天体が目に見えて現れるのではないでしょうか。(・ω・)

070.png

そして、この謎の天体がオリオン座のベテルギウスの事だとすると・・・
プレアデス星団も同時に夜空へ上ってくるのです。

以下wikiより転載。

日本では古来、プレアデス星団をすばる(昴)と呼んだ。他にも地方によって、「六連星(むつらぼし)」や「羽子板星」などと呼ばれている。その他日本各地で多くの方言が見つかっている。詳細は、プレアデス星団の方言参考。「すばる(統ばる)」または「すまる(統まる)」という言葉は元来他動詞「すべる(統べる)」に対する自動詞形であり、「統一されている」「一つに集まっている」という意味をもつ。玉飾を糸でひとくくりとしたものを『万葉集』で「須売流玉(すまるのたま)」、『日本紀竟宴和歌』で「儒波窶玉(すばるのたま)」などと呼んだのと同様の用法である。その後、中国でプレアデス星団を指す昴宿から「昴」を当てた。奈良時代に成立したとされる『丹後国風土記』逸文に「其七豎子者(七人の童子)、昴星也。其八豎子者、畢星也」という記述があり、それぞれ隣り合っているプレアデス星団、アルデバランとヒアデス星団の事と見られる。日本でプレアデス星団について言及した最古の記録は、平安時代に醍醐天皇皇女勤子内親王の命で作成された百科事典『倭名類聚抄』だと考えられている。この中で、昴星の和名は須八流と記されている。ほかに、清少納言の著した『枕草子』の一節(第236段)が有名である。



プレアデス星団の和名は「すばる」。

すばる = 統べる


宵の明星が東へ廻ってゐたら、
いよいよ鶴と亀が統べるって事でしょうか。


かーごめ♪ かごめ♪ (||゚Д゚)ヒィィィィ!!

んまぁ、この星が目に見えて現れるまではまだ大丈夫って事ですね。
って、逆に現れた時は・・・終わりが近いって事になるのですが。



関連記事
別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。