永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】渡れん者が渡りて穢して仕舞ふてゐるぞ。
2012-06-09 Sat 10:23
お久し振りの更新になりました(==)

書きたい事がいくつかあるのですが・・・
いくつかあり過ぎて書きかけの記事がイパーイ(;゚∀゚;)!!
んまぁ、8割がヤル気の問題だったりするのですがw

という事で。
えぇっと、まずはこれから。

毎度毎度、自分の記事で恐縮ですが、
今年2012年はコレコレが気になると書きました。

で、とうとう動き出しちゃいましたね。
以下読売新聞から転載させて頂きます。

皇室や文化庁 京へ移転を 首都バックアップ検討委
 災害時の首都機能バックアップに関する検討委員会が30日、上京区で開かれ、京都が受け持つことができる機能について、皇室の居住や文化庁の移転などとする中間報告がほぼまとまった。近く、国に提案する。
 検討会は府や京都市、学識経験者らで構成。機能を受け入れるエリアとしては、京都市中心部と桂イノベーションパーク、らくなん進都、学研都市を対象としている。
 検討会では、京都は首都圏と同時に被災する可能性が低く、地理的にもアクセスしやすい利便性があることを確認。その上で、京都御所や京都迎賓館があることから、皇室の人々の居住や儀礼の実施を受け入れやすいと判断した。また、文化庁や観光庁の移転、国会や首相官邸の代替施設となる可能性があるため国立京都国際会館の機能を強化することも国に提案する。
(2012年5月31日  読売新聞)


どうなるんでしょうか( ̄ー ̄;;;

私は「皇室の居住や文化庁の移転」というのは早くしたほうが良いと思います。
そうすれば、「ここってやっぱ住んでちゃダメなんだ」って、
沢山の人が気付くんじゃないでしょうか。( -ω-)ウンウン

臨終予言の方も「東京には住んでちゃダメなんだよ」と言われています。
この方は地震がくるからという理由なのですが、大きな地震がくれば誰しもが、あー逃げなきゃってさすがに気付きます。(地震が起きてから逃げても遅いんですが)
ただ、逆にこのまま何事もなく2013年を迎えて、「なんだ2012年って何もなかったじゃねーか(・∀・)♪」というパターンも考えられます。そうなると、今現在東北でお漏らししているアレが凄く気になってくるんですが・・・。

さて、ここから本題ですw

え?そうなったら国が放射能は大丈夫って言ってるから国に責任取ってもらえばいい?私は今回の震災で国は何もしてくれないし、誰も責任取らないって事がハッキリ分かりましたが。国というか、ミン主党ですね。何か期待するほうがお門違い。

民シュ党とは
こういう事ですよ↓


0099.jpg

で、こういう事↓

0100.jpg

それは、こういう事↓であり

0102.png

こういう事↓なのです。

0103.png

面白い事に、この自称ダビデと名乗る残念なお二方、
現在96歳と69歳だったりするんですね。
フセインもカダフィも金正日もポルポトも69歳でお亡くなりになりましたが。
ちなみに今日は6月9日だったりします (ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

オマケ↓

0101.png

寒流ブーム捏造の他に、一つ目の洗脳までしてたんです。
どこのTV局か調べるまでもなく納得のロゴマークw

ここで日月神示よりそれと思われる記述を。

「下つ巻」第十六帖(前後略)
神の国のお土に悪を渡らすことならんのであるが、
悪の神わたりて来てゐるから、いつか悪の鬼ども上がるも知れんぞ。

「松の巻」第八帖(前後略)
渡れん者が渡りて穢して仕舞ふてゐるぞ。

「扶桑の巻」第一帖(前後略)
地はいろは判らん者が上に立つこととなるぞ。


全くその通りになってませんか?(==)

(・艸・)ェエッ!? この人達の事が分からない?
いやぁ、まさかそんな人はいないと思いますが、
分かり易いサイトがあったので一応リンクさせて頂きます↓

http://thinker-japan.com/thinkwar.html

あ、それと、ミン主党の後に出てこようとしてる橋シタ徹さん。
今現在、この方に沢山の人が騙されていますが、この方のやろうとしている事は、日本の解体です。道州制を押し進めていますね。道州制というのは地方分権制度の事ですが、出口王仁三郎氏は「地方分権制度はマツソンの仕組」と明確に言っています。※マツソン=フリーメイソン

これは日月神示より。

「地つ巻」第六帖(後略)
神の国八つ裂きと申してあることいよいよ近づいたぞ、
八つの国一つになりて神の国に攻めて来るぞ。

「松の巻」第二十七帖(後略)
天も地も 一つにまぜし 大嵐、
攻め来る敵は 駿河灘、富士を境に 真二つ。

先づ切り取りて 残るもの、七つに裂かん 仕組なり。


この中の「攻め来る敵は 駿河灘、富士を境に 真二つ。」というのは不気味ですが、七つに裂くとか八つに裂くというのは「地方分権制度」の事を言ってるのではないでしょうか。

そもそもこの橋シタ徹さん、自署の中で「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。その後に、国民のため、お国のためがついてくる」「ウソをつけない奴は政治家と弁護士にはなれないよ」と言っておられるんですね。この方、政治家と弁護士になっちゃってるんですが。あ、それと、みんなの党などは論外w

こいつら彼らのやろうとしてる企みを全力で阻止しませう(`・ω・´)

という事で、今回はここまでw

関連記事
別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。