永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】土のまんぢう
2012-09-22 Sat 09:46
一週間が本当に早いですね(==)

世の中混沌としてきましたが、
マイペースに前回の続きを書きたいと思います。

前回は、肉食をしていると㌧でもなく危険が危ないですよ(;゚∀゚;)!!
という事を書きましたが。

「では何を食べたら良いのか」というのを今回書きたいと思います。
まぁ、何を食べたら良いのか?と言えば、前回書いた通りなのですが、
五穀・海のもの・野のもの・山のもの、そして最強の食べ物は「お米」。

とまぁ、このように・・・

「ベジタリアンになれば良いのか( -∀-)♪」

という答えになってしまうのですが、これがちょっと違う。
いや、合ってるけど、違う。みたいな。

日月神示にはこのような↓記述があります。

「富士の巻」 第十二帖
御土は神の肉体ぞ。
臣民の肉体もお土から出来てゐるのぞ、
この事分りたら、お土の尊いことよく分るであろがな。

「光の巻」 第五帖
人民はお土でこねて、神の息入れてつくったものであるから、
もう、どうにも人間の力では出来ん様になったらお地に呼びかけよ、
お地にまつろへよ、お地は親であるから親の懐に帰りて来いよ、
嬉し嬉しの元のキよみがへるぞ、百姓から出直せよ。

「夜明けの巻」 第二帖
神の国は神の肉体ぞと申してあるが、
いざとなれば、お土も、草も、木も、
何でも人民の食物となる様に出来てゐる
のざぞ。

何でも肉体となるのざぞ。
なるようにせんからならんのざぞ。

「星座の巻」 第十七帖
土のまんぢうと申してあろう、土が食べられると申してあろう、
土から人民を生んだと申してあろう、
ウシトラコンジンの肉体は日本の土ざと知らしてあろう、
土に生きよと申してあろう、地は血素盞鳴命様であるぞ、
その土が生長して果ての果てに皮をぬぐ、それが地変であるぞ。



これだけ読みますと・・・

「土のまんぢう」って、何の罰ゲームです('A`)?

って感じなのですが。

まぁ、ちょっと考えれば意味は分かると思います。
一応、分かり易く図にしてみますとこのようになります。

shok001.png

これが理想のカタチであると言っているのであり、「人間がお土から出来ている」というのも理解できそうです。まぁ簡単に言いますと、お土の栄養を吸い上げて育っているのがお土から成るもの。ですから、それを頂くという事は、まさにお土を食べているようなもんなのですね( -ω-)ウンウン

では肉食をするとどのようになるのかと言いますと、
これは前回も書きましたが、
肉食の問題は出口王仁三郎氏がより詳しく説いていますので、
まずはそこから。

肉食の害
獣、鳥、魚などの肉は一旦食物として消化されたものが肉となつたのであるから、それを摂取してもあまり益はない。獣肉を嗜むと情欲が旺になり、性質が獰猛になる。肉食する人は本当の慈悲の心はもたない。肉食を主とする外国人は親子の間でも情愛が尠ない。例へば遺産があつても子には譲らずに伝道会社に寄附するといふやうなものである。神に近づくときは肉食してはよくない。霊覚を妨げるものである。



という事で、これを図にするとこうなります。

shok002.png

なんて分かり易いんでせう。('A`)

とまぁ・・・

だから言いたい事って、
ベジタリアンになれって事じゃないの(・ω・)?


って感じなのですが・・・

では、今現在スーパーで売られている野菜やお米、
他、飲食店等で出される野菜やお米とはどのようなものかと言いますと、
このようなカタチになります。

shok003.png

いや、別にこれでも良いのですが。
ただ、この「肥やし」とか「農薬」に何が使われいるのかが大きな問題となってきます。それそのものが人間の栄養素になってくるのですから。

んーっと。例えば肥やしに牛糞や鶏糞など使いますと、牛糞や鶏糞が人間の栄養になってしまうのですから、それはまさに牛糞や鶏糞を食べているようなものなのです(・艸・)
いや、それでもまぁ良いんですが、問題はその牛や鶏が何を食べているのか。それが問題です。その牛や鶏が、お土から自然に育ったものを食べているのなら良いのですが、なんだか分からないものを食べて育っているとなると、もちろん人間の栄養となるものは「なんだか分からないもの」となってしまうワケなのです。

もっともっと分かり易く言いますと、例えば、生まれてからカップラーメンしか食べずに育った青年がいたとします(オイオイ)その青年の身体は何で出来てるのかと一言で言えば「カップラーメン」と言えます。んが、正確にはカップラーメンの裏に書いてある成分、これがその青年の身体を作っている事になるのですね。 分かりにくくなってしまったかもw

なんだかgdgdになってきましたが。('A`)
でも、なんとなく言わんとしている事は分かるんじゃないでしょうか。
という事で、そこらへんは、察して頂ければと思います(ちょw

では、どうしたら良いかと言えば、

無肥料・無農薬で、自分で作る。
または、無肥料・無農薬で作っている方から頂く。


それしかない。(・ω・)

農家の方達って、出荷するものと、自分らで食べるものを別々に作ってたりしますよね。どうしてかって、そりゃ、まぁ、そういう事ですよ。


という事で、自分で育てる事をオススメします。
苗から育てるのも、その苗が良いものであればまぁ良いのですが、
できれば種を蒔く事からはじめませう。

種を蒔く → 芽がでる

当たり前のお話しなのですが、でも、これを自分でやってみると、

そこには感動があります。(´;ω;`)ウッ

種を蒔き、芽が出る・・・なんて可愛いのだろう。

ただ、種を蒔くということは、
必ず間引きという作業が必要となるんですね。

その時は、あぁ...可哀想に・・・という気持ちになります(==)
※てかまぁ、間引いたものも美味しく頂くのですが。
でも、間引かなければいけない。ではどれを残しどれを間引くのか。
育ちの良いものを残し、
育ちの悪いものを間引くのですね。

まるで神じゃないか(・艸・)
という事になるのですが、ここでそれを書くと長くなるのでヤメときますw

そして、残ったものの成長を日々楽しむのです。

「大きくなったね」とか「元気がないなぁ」とか、
「そろそろ収穫かなぁ?」とか、話しかけるワケですよ。

私のようなオッサンが。('A`)

・・・ヒソヒソ( ゚д゚)ヤダァ(゚д゚ )ネェ、キイタ?( ゚д゚)オクサン(゚д゚ )アラヤダワァ・・・

近所では噂の人になるかも知れませんが・・・
決してくじけてはいけません。('A`)

そしていよいよ収穫を迎え、それを頂くわけなのですが、
このように、良い気いっぱいで育ったものには、
作り手の良い気がいっぱい入っているのです。それを頂くのですから、
これ、まさに良い気を頂くという事になるのですね。( -ω-)ウンウン

ちなみに私が初めて作ったのがタマネギ、しかも庭先で。
どうせ作るんなら、自分の好きなもの、食べ応えのあるもの、という理由でタマネギを選びました。

もちろん家族からは・・・

「庭先でタマネギなど出来るワケが無い( ´,_ゝ`)プッ」

このような反応でしたが・・・
できちゃうのでしたw

tama01.jpg

こちらはプランターで作ったタマネギを収穫したもの↓

tama02.jpg

で、今度はニンジン。
という事で、もちろん庭先で作るワケなのですが、
この時ももちろん家族の反応は・・・

「庭先でニンジンなど出来るワケが無い( ´,_ゝ`)プッ」

このような反応でしたが・・・
できちゃうのでしたw

nin01.jpg

形は悪いですが、気にしてはいけません。('A`)

nin02.jpg

これはコマツナとレタス↓

komtsuletasu.jpg

で、家のまわりはこんな事↓になってたりしますw

jaga.jpg

これ全部食べられるんですね。
ちなみに一番手前のはジャガイモ。

とまぁ、色々育ててるんですが・・・
家庭菜園日記みたいな事になってしまうので、このくらいにしておきます。

で、これら全てが無肥料・無農薬で育っているんですね。
まぁ、小さいのや妙な形のものや、色んなものができますが。('A`)
んでも、出荷するワケでもないので何も問題はありません。
無肥料・無農薬で作られている方はネット上に沢山おられますので、
これから始めてみようという方は、色々と参考にされると良いと思います。
ネットなどいつ終わるかも分かりませんし(笑 ...エナイ

ちなみにスーパー等に並んでいる、
形が良くて大きさの揃っているものの多くは、
冷蔵庫の中に放置しておくと・・・溶けちゃうんですね(;゚∀゚;)!!
アレって、大丈夫なんでしょうか!?
ここでは書きませんが・・・
やっぱりアレ、よろしくないみたいなんですね(==)

「私はベジタリアンだから大丈夫♪」と思われている方は、
今一度ご自身が食されている作物がナニモノなのかを考えてみませう。
また、日常使う塩、醤油なども調べてみると大概ニセモノだったりします( ̄ー ̄;

という事で、前回・今回と、食べ物について書きました。
私はアレはダメとかコレはダメとかあまり言いたくはないのですが、
これだけは言えます「肉食は絶対にしてはいけません」
とは言え、このような世の中ですから食べる機会もありますね。
そのような時は、嫌々食べるのではなく、感謝の気持ちを忘れず美味しく頂きませう。

とまぁ、ここまで言っても、
肉食三昧が(・∀・)イイ♪という方は、
食べたらよろしいんじゃないでしょうか。

ただし・・・

死者の霊が帰る大元宮へ帰れなくなり、
来世は獣に生れる、そして二度と人には戻れない。


それでも(・∀・)イイ♪という方だけですが。

関連記事
別窓 | 日月神示 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。