永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】生命の樹(1)
2013-02-10 Sun 12:40
本日は旧暦の元旦です。

という事で、

あけましておめでとうございます <(__)>


今回長いので早速。

えぇっと。前回記事の終わりに、次回は大國主と仁徳天皇について書きたいと思います。と書いたのですが、やめる事に致しました。(==)
結局、書いていくと最後には「誰が悪い」みたいな事になってしまうので。そうした部分を配慮したとしても、やはり読み手によってはそのように読めてしまうのですね。また、日月神示の「我が勝手に解訳してお話して神の名汚さん様にしてくれよ」という言葉を思い出しまして、ほぼ書き終えてはいるのですが、公開するのはやめておこうと思いました。<(__)>


という事で、今回は記事タイトルの通りなのですが、
日月神示と『生命の樹』の関係について書きたいと思います。
ようやくここまできたかといった感じで・・・w
カジワラさん遅くなってすみません。('A`)


えっと。もう半年も前になりますか。
『身添ふ』という記事を書きましたが。

この時節表が・・・

myojotenshi.png

10+22=32=身添ふ。

という事ですね。
まぁ、今までに何度となく書いてきましたがヾ(;´▽`A``
「10+22=10月22日・旧9月8日・平安遷都」
こういった事も合わせて書いてきました。

が、も1つ書いていない事がありまして、
それが『生命の樹』についてです。

この生命の樹というのもまた、10と22で構成されているのです。
「10と22」というキーワードで必ずココに辿り着くのですよ。
でも、私は生命の樹が一体何なのかよく分からなかったので、
今まで記事として書けませんでした。いや、今もまだ謎だらけなのですがね。('A`)
また、頂いたメールの中にも「セフィロトがーセフィロトがー」と言われる方もおられまして「あぁ、この方もそれに気付いちゃってるのか」等と思っていました。

で、も1つこの「生命の樹」について今まで書かなかった理由としまして、
これを書いたら私のブログは終わってしまうのではないか。と思っていて、
先延ばしにしていたのでした・・・w
まぁ、書くのが終わるのかこれから始まるのか私には分かりませんがヾ(;´▽`A``

ってなワケで、前置きが随分と長くなりましたがここからです。

まずは、上のほうにも貼りましたがもう一度時節表。

myojotenshi.png

クドイようですが、これが10と22でできていますね。
ここまで読んで頂いた方なら分かると思うのですが、
ちょっと何言ってるか分かんない(・ω・)といった方もおられるかも知れませんので、
分かり易くしてみますと、こんな感じ↓です。

jst022.png


次に『生命の樹』です。


smk005.png


これが一体何なのか私にはよく分からなかったので、
今まで書けなかったのですが、とりあえずwikiの説明によりますと。

生命の樹(せいめいのき、英語:Tree of Life)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。命の木とも訳される。生命の樹の実を食べると、神に等しき永遠の命を得るとされる。
カバラではセフィロトの木 (英語: Sephirothic tree)という。
ヤハウェ・エロヒム(エールの複数形、日本語では主なる神と訳されている)がアダムとエバをエデンの園から追放した理由は、禁令を無視して知恵の樹の実を食べ、神に背く罪に陥った人間が、生命の樹の実までも食べて罪のからだのまま永遠に生きる(ユダヤ伝承では知恵の樹の実と生命の樹の実をともに食べると、神に等しき存在になるとされているので)事のないためである。


セフィロトの樹は、神秘思想のカバラにおいてさまざまな解釈がなされ、近代以降の西洋魔術、特に黄金の夜明け団などでは生命の樹をタロットカードと結びつけての研究が行われていたことでも有名である。
10個のセフィラ22個の小径(パス)を体系化した図も同じく「生命の樹」と呼ばれる。現代ではセフィロトの樹は「生命の樹」と同じと解釈される(カバラ由来の樹はセフィロトの樹が正しく生命の樹と混同すべきではない等)。



大体このようなもののようです。
で、これ↓がその『生命の樹』を体系化したものです。

smk0001.png

wikiのでも良かったのですが、
自分で作っちゃったので、それを使わせて頂きますヾ(;´▽`A``


wikiの説明にも書いてあるので分かると思うのですが、
10個のセフィラ22個の小径(パス)でできているのですね。
(○が10個のセフィラで、それに繋がる径が22個のパスです)
つまり、ここまで出来た時節表と同じく、
10+22で構成されているという事です。( -ω-)ウンウン

で、ですね。
この10個のセフィラと22個のパスというのには、
それぞれ「色」「数」があり、
また、それぞれに意味を持っているのですね。
という事で、それぞれの「色」と「数」と「意味」が以下のものになります。
ちょっと長いので今はまだ斜め読みでも構いませんw
※隠れたセフィラ「ダアト」はとりあえず数に入れず、これについては後述したいと思います。

まずは10個のセフィラから。

1. ケテル(Kether、王冠と訳される)
第1のセフィラ。思考や創造を司る。数字は1、色は白、宝石はダイアモンドを象徴する。惑星は海王星を象徴し、王の横顔で表される。神名はエヘイエー。守護天使はメタトロンである。同時に最後の剣として称されるマルクトと通じ合っている。

2. コクマー(Cochma、知恵と訳される)
第2のセフィラ。数字は2、色は灰色、宝石はトルコ石を象徴する。惑星は天王星を象徴し、至高の父と呼ばれ、男性原理を象徴する。神名はヨッド。守護天使はラツィエルである。

3. ビナー(Binah、理解と訳される)
第3のセフィラ。数字は3、色は黒、宝石は真珠、金属は鉛、惑星は土星を象徴する。至高の母と呼ばれ、女性原理を象徴する。成熟した女性で表される。神名はエロヒムである。守護天使はザフキエルである。

4. ケセド(Chesed、慈悲と訳される)
第4のセフィラ。ケセドはゲドゥラーとも呼ばれる。数字は4、色は青、金属は錫、図形は正四面体、宝石はサファイア、惑星は木星を象徴する。王座に座った王で表される。神名はエル。守護天使はザドキエルである。

5. ゲブラー(Geburah、峻厳と訳される)
第5のセフィラ。数字は5、色は赤、図形は五角形、金属は鉄、宝石はルビー、惑星は火星を象徴する。天空の外科医と呼ばれることもある。神名はエロヒム・ギボールである。守護天使はカマエルである。

6. ティファレト(Tiphereth、美と訳される)
第6のセフィラ。生命の樹の中心に位置している。数字は6、色は黄、金属は金、惑星は太陽(太陽も惑星と見なす)を象徴する。神名はエロハ。守護天使はミカエルである。

7. ネツァク(Netzach、勝利と訳される)
第7のセフィラ。数字は7、色は緑、金属は銅、宝石はエメラルド、惑星は金星を象徴する。全裸の女性で表される。神名はアドナイ・ツァオバト。守護天使はハニエルである。

8. ホド(Hod、栄光と訳される)
第8のセフィラ。数字は8、色は橙色、金属は水銀、惑星は水星を象徴する。神名はエロヒム・ツァオバト。守護天使はラファエルである。

9. イェソド(Yesod、基礎と訳される)
第9のセフィラ。アストラル界を表す。数字は9、色は紫、金属は銀、惑星は
月(月も惑星と見なす)を象徴する。裸の男性で表される。神名はシャダイ・エル・カイ。守護天使はガブリエルである。

10. マルクト(Malchut、王国と訳される)
第10のセフィラ。物質的世界を表す。数字は10、色はレモン色・オリーブ色・小豆色・黒の四色、宝石は水晶、惑星は地球を象徴する。王座に座った若い女性で表される。神名はアドナイ・メレク。守護天使はサンダルフォンとされるが、シェキナ(メタトロンと対をなす神の女性的顕現)であるとする意見もある。

次に22個のパス。
※右に記載しているのは、対応する大アルカナ

0. アレフ(ケテル → コクマー)愚者
1. ベート(ケテル → ビナー)魔術師
2. ギーメル(ケテル → ティファレト)女教皇
3. ダレット(コクマー → ビナー)女帝
4. ヘー(コクマー → ティファレト)皇帝
5. ヴァヴ(コクマー → ケセド)教皇
6. ザイン(ビナー → ティファレト)恋人
7. ヘット(ビナー → ゲブラー)戦車
8. テット(ケセド → ゲブラー)
9. ヨッド(ケセド → ティファレト)隠者
10. カフ(ケセド → ネツァク)運命の輪
11. ラメド(ゲブラー → ティファレト)正義
12. メム(ゲブラー → ホド)吊るされた男
13. ヌン(ティファレト → ネツァク)死神
14. サメフ(ティファレト → イェソド)節制
15. アイン(ティファレト → ホド)悪魔
16. ペー(ネツァク → ホド)
17. ツァディー(ネツァク → イェソド)
18. コフ(ネツァク → マルクト)
19. レーシュ(ホド → イェソド)太陽
20. シン (ホド → マルクト)審判
21. タヴ (イェソド → マルクト)世界


とまぁ、このようになっています。いや、知らんけどw

んっで、次。

『生命の樹』と時節表が同じ構成になっているのですから、
時節表に10個のセフィラと22個のパスを重ねてみたら・・・



何か分かるんじゃね?(・∀・)ニヤニヤ

という事で重ねてみますと・・・

ここからビックリな展開になっていきます。



(;゚д゚)ゴクリ・・・



ってなワケでw
時節表に生命の樹を重ねてみたのがコレ↓

smk003.png

右上の黄文字が「セフィラ」その下の黄文字が「パス」です。
まず、10個のセフィラなのですが、この時節表においては意味があるのかないのかよく分かりませんでした。このセフィラについては後述するとしまして。

問題は22個のパスのうほうにあります。

こちらのほうはタロットカードが当てられているのですが、
これがなぜかビックリする程一致するのですよ。('A`)

まず、このブログにおいて最大のテーマである
「2016年問題」というのがありますが(え
この年からミロクの世になるというのは時節表を見て頂けると分かると思います。

で、この2016年は『ヌン』、死神のカードが当てられているのですよ。

t001.jpg

このカードの示す意味とは・・・

正位置の意味
 終末、破滅、離散、終局、清算、決着、死の予兆。

逆位置の意味
 再スタート、新展開、上昇、挫折から立ち直る。



言葉もありませんが(;谷)


これ「だけ」なら私も偶然なのだろうと思うのですが、
先程上のほうでも書きましたが、ビックリする程一致するのですよ。

では次に、2021年「明星天子トハ、丑ノ終ニ出テ」の部分。
「ベテルギウスがー」と今まで書いていますが、まぁ、これはベテルギウスに限ったものではなくて、例えば数年内にベテルギウスが目に見えて爆発してしまう可能性もあります。それはそれで2016年の終末前に現れる天の王星と言えるかも知れません。そうなった場合、2021・2022年に現れるものとは、ベテルギウスではないものという事になりますね。いや、たぶん。

という事でここは『コフ』月のカードが当てられています。

t004.jpg

カードの要旨
 自らが導く、未だ見えざる真実への道程。それを辿ることの困難
月の象徴
 真実への導きを与える、無名無形の見えざるもの
正位置の意味
 不安定、幻惑、現実逃避、潜在する危険、欺瞞、猶予ない選択

逆位置の意味
 失敗にならない過ち、過去からの脱却、徐々に好転、(漠然とした)未来への希望、
 優れた直感




次、2022年「寅ノ時ニ顕現スル」の部分。
これも「ベテルギウスがー」と書いてきましたが、ベテルギウスではなかった場合、別の何かが現れるのではないかと思います。ただ、私はベテルギウスの爆発は2024年までには必ず拝めると思っています。

という事で、ここは『レーシュ』太陽のカード

t005.jpg

正位置の意味
 成功、誕生、祝福、約束された将来。

逆位置の意味
 不調、落胆、衰退、堕胎・流産。




次、2023年「大いなるタメシ」の部分。
「大いなるタメシ=最後の審判」という事を書いてきましたが、
ここはそのまんま『シン』審判のカードが当てられています。

t006.jpg

正位置の意味
 復活、結果、発展。

逆位置の意味
 悔恨、行き詰まり、悪い報せ。




そして最後、2024年「新しき御代のはじめのタツの年」
ここは『タヴ』世界のカード

t007.jpg

このカードの示す意味は・・・

正位置の意味
 完全、総合、成就。

逆位置の意味
 未完成、臨界点、調和の崩壊。



ついでにも1つ。
過去記事で2010年猫に〜2018年犬が〜云々という事を書きましたが、
これもピタリと合うので時節表に入れてみます。
それと、なかなか機会がなくって書けませんでしたが、
ついでなのでここに書いておきます。

「黄金の巻」 第十三帖
三年の苦しみ、五年もがき、七年でやっと気のつく人民多いぞ。

「黄金の巻」 第二十三帖
金の世すみて、キンの世来るぞ。
三年目、五年目、七年目ぢゃ、心得なされよ。

「冬の巻」 第十八帖
三年目、五年目、七年目ぞ、めでたいナア、めでたいナア。


これらの記述にある3年目・5年目・7年目というのも、
時節表の中に追加で入れておきました。

smk002.png

で、こうなりました。
では、2010年「猫に気つけよ」の部分。
この年の秋に「尖閣諸島中国漁船衝突事件」というのが起きています。ババ・バンガもこの年の秋に第三次世界大戦が始まると言っていて、私自身もココでこの年から水面下で第三次世界大戦が始まっていたのではないか。という事を書きましたが。

で、ここには『ヘット』戦車のカードが当てられているのですね。('A`)

t002.jpg

正位置の意味
 勝利、征服、援軍、行動力、成功、積極力、突進力、開拓精神、独立・解放。

逆位置の意味
 暴走、不注意、自分勝手、失敗、独断力、傍若無人、焦り、挫折、好戦的。



となり、更に2018年「犬くるぞ」

ここは『アイン』悪魔のカード

t003.jpg

正位置の意味
 裏切り、拘束、堕落。

逆位置の意味
 回復、覚醒、新たな出会い。



という事で・・・



『生命の樹』の22個のパスは、

『日月神示の時節』とリンクしている。



これ、間違いないですね。(・ω・)


では振り返って、昨年2012年という年はどうだったかと言うと。
この年は『ヨッド』隠者のカードになっています。

t008.jpg

正位置の意味
経験則、高尚な助言、秘匿、精神、慎重、思慮深い、思いやり、単独行動。

逆位置の意味
閉鎖性、陰湿、消極的、無計画、誤解、悲観的、邪推。


なんだかよく分かりませんが。
2012年というのはなんだかよく分からない年でしたので、
こんな感じなのかも知れません(おいおい
タロットカードには正位置逆位置で意味が違うのでどっちが正しいのか。という事になるのですが、これはその立場において違ってくるわけですので、恐らくどちらも正しいのではないかと思います。例えばこの年ですと、正位置の意味では自民党逆位置の意味では民主党と言えます。まぁ、逆様に見える方もおられるかも知れませんが。



では次に、今年2013年はどうなるのか。
『カフ』運命の輪というカードが当てられています。

t009.jpg

正位置の意味
転換点、幸運の到来、チャンス、変化、結果、出会い、解決、定められた運命。

逆位置の意味
情勢の急激な悪化、別れ、すれ違い、降格、アクシデントの到来。


良くも悪くも何かが起こりそうですが(==)

では続けて来年も再来年も 占って 見てみませう。
2014年は『ラメド』正義のカード

t010.jpg

正位置の意味
公正・公平、善行、均衡、誠意、善意、両立。

逆位置の意味
不正、偏向、不均衡、一方通行、被告の立場に置かれる。



2015年は『メム』吊るされた男のカード。

t011.jpg

正位置の意味
修行、忍耐、奉仕、努力、試練、着実、抑制、妥協。

逆位置の意味
徒労、痩せ我慢、投げやり、自暴自棄、欲望に負ける。



も1つ私が気になるのが2019年。
『ペー』塔のカード

t012.jpg

正位置の意味
崩壊、災害、悲劇。

逆位置の意味
緊迫、突然のアクシデント、誤解。


建物の上に付いている王冠が取れちゃってるのがポイントです。
カードにはそれぞれ意味があるのですが、描かれている絵にも深い意味があるようです。
これは前年2018年の悪魔が関係してくるんだろうと思いますが、
ここでは書きませんヾ(;´▽`A``


とまぁ、このように生命の樹の22個のパスと、
日月神示の時節はリンクしているようなのですが、
この22個のパスにタロットを使って解釈して下さったのは一体誰なのか。

きっと素晴らしい人のはず・・・(;´Д`)ハァハァ
というか、鋭い方はもう随分上のほうで気付いてると思うのですが。

生命の樹をタロットカードと結びつけたのは・・・



ゴールデンド━(゚Д゚)━ ン !!!

〝光に照らされたもの〟だったりするのですよ(笑 ...えない


一体どうなってんの。('A`)
そもそも彼らは「善」なのか?「悪」なのか?という事になってくるのですが、

秘密結社 KNIGHTS † LUCIFERのチェンリーさんという方が、
非常に分かり易く書いておられましたのでご紹介させて頂きます。<(__)>
以下リンク先をネッチョリとお読みになってから、も1度ここに戻ってきて下さいw


●スーパー・グノーシス主義

●同名2神の善悪逆転劇とスーパー・グノーシス主義


「心次第で善にも悪にも変わる」
「同じ神二つあると申してあらうがな」



という事ですね。( -ω-)ウンウン

更に、リンクさせて頂いた記事をネッチョリと読んで頂ければ、出口王仁三郎氏の言われた「ユダヤ人の三分の一は良いので三分の二はわるいので、これがフリーメイソンをやっている」といった事や「牛頭天皇は素盞鳴命の御事であり、午頭天皇はマツソンフリーメイソンの事である。マツソンフリーメイソンは大神様の名をせんして、まぎらはらしい午頭天皇などと云ふたのである。牛と午との違いである。」といった事、また、日月神示の言う「善の中にも悪があり、悪の中にも善がある」といった事や「悪は九分九厘まで知っている」というのも理解できるのではないでしょうか。


実にまぎらわしい事になっているのですね。('A`)


ところで。(お
大本、日月、九鬼もそうですが 「鬼」 を崇拝し、
イルミナティーもまた 「ルシファー」 を崇拝しています。
実によく似ているわけなのですが・・・

も1つ、我らが 「卑弥呼さま」 卑弥呼と言えば鬼道
で、この 「卑弥呼」 の 「卑弥」 をひらがなにしまして 「ひみ呼」 としてみます。
この時点で言わんとしたい事は分かって頂けると思うのですがw

「ひみ」 と言えば 「火・水」 「霊・身」 そして 「日・月」 と読めるわけです。
「ひみ呼」 の 「ひみ」 に 「日月」 の字を当ててみますと、「日月呼」 となります。
日月神示の日月は 「ひつく」 と読みますが 「ひつく」 と言えば 「引っ付く」 と読めます。

「日月呼」と「日月(引っ付く)」

実によく似ているのですが。(;´Д`)ハァハァ

更に、この 「卑弥呼さま」 なのですが、
「卑弥呼はシャーマンであり、鬼道によって人心を掌握し、弟が国の支配を補佐した」
という事らしいのですが・・・
「大本」 と言えば教主は 「出口ナオ」、出口ナオを支えたのが王仁三郎。
こちらもまた実によく似た構図になっているのですね。( -ω-)ウーム。


ってなわけで。
10個のセフィラについても続けて書こうと思いましたが、
疲れてしまったのでこの続きはまた後日。<(__)>

関連記事
別窓 | 生命の樹 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。