永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】五十連世に出るぞ。
2013-07-13 Sat 16:44
前回の続きとなります。
が、その前に前回の補足を書いておきます。w

では早速。

知っておられる方も多いとは思いますが、
『辛酉の年』というのは60年に一度やってきます。
1921年が辛酉の年ですので、その次は60年後の1981年になります。
その次は、2041年、2101年、2161年、、、となります。当たり前ですが。ヾ(;´▽`A``

で、日月神示の中に、業界では有名な このような記述があります。

「春の巻」 第五十五帖 ※後略
十二年おくれてゐるのを取り戻すのであるから、
これからは目の廻る程急しくなってくるぞ。


「十二年おくれてゐる」

先程の辛酉の『60年周期』に12年の遅れを足してやると、
〝72年〟という事になりますね。

1921年(辛酉)から60年後の1981年(辛酉)+ 12年の遅れ = 1993年
1993年〜2024年の32年間 = 三十二神 = 身添ふ神 = 禊ふ神
=「三十二神は新しく生れるのぢゃ」

ね、笑えない事になっちゃってるのですよ(==)

ここら辺から前回の続きとなります。
えぇと、ここまで2024年で終わる時節表ができているのですが。

js345.png

この2024年の72年前、1952年には何が起こっていたのか。

js1921.png

1952年(昭和27年)
サンフランシスコ講和条約発効
出口直日が三代教主になる


王仁三郎氏はこう言った・・・

三代教祖の時に仕組みが変る。
大本事件は松竹梅事件だ、
第三次は竹だ、竹は中が空である。
教団の内容が空になり内部分裂する仕組みである。


実際にその後、大本は内部分裂しているようなのですが・・・
それと、これは前回の記事でも書きましたが、
霊界物語は72巻+73~81巻であり、
この72巻の72という数が、72年後を指しているのだとしますと、
霊界物語が一区切りするのも72巻であり、
身添ふ(禊ふ)32年間の最後の年である2024年(=1952年:出口直日が三代教主になる)にピタリと合うのですね。

この型が2024年後にはどのような事象となって現れるのやら(==)
私はアレだと思うのですよ。。。

アドルフはこう言った・・・

「人類は2極化するニダ」(゚Д゚)クワッ

ヒトラーの予言はここにこられる マニアな 方達は、既に知っておられると思いますので、ここでは九鬼文書の未来予言を、1コインで買える予言の書の中から一部引用させて頂きます。

艮の金神が蘇るとき
破滅と救いの国が出現する


 九鬼文書には、未来と思われる世界について語っている箇所がある。「艮の金神」が蘇るとき、人々は大混乱に巻き込まれる。そして善なる「艮の金神」の国へ行く人と、「艮の金神」を信じない魔の国に行く人に分かれるとしている。
 魔の国に行った人々には、政治も経済も何もかもなくなるとしている。食べるものも一時はなくなってしまう。米も野菜も何もかもがなくなり、やがては救ってくださるはずの神様さえいなくなる。そして最終的には、人間の死体の肉を口にする事態もあり得ると、まるで地獄絵図のような世界が警告されている。


さて、先程上のほうでも書きましたが、
霊界物語の72巻という数が、72年後を指している数だとしますと、
この後に73~81巻の計9年間があるのではないか。
と考えるわけなのですよ。( -ω-)ウンウン

【1952年+9年=1961年】
【2024年+9年=2033年】


とまぁ、前回記事の終りにも書きましたが。
分かり易いように図にしてみませう。

jst456.png

で、今までに出来た時節表が32年間ですので、
32年間 + 9年間 = 41年間 となりますね。
これに気付いた時、今までずっと気になっていた記述の答えが見つかるのでした。

「星座の巻」 第二十二帖 ※前略
五柱の元つ太神が十柱の夫婦神と現われ十柱の子と交わって五十神と現はれるのぢゃ。
故に五十神の中の三十二神は新しく生れるのぢゃ、更に二十七神とはたらき又二十五有法とはたらくぞ。


これは日月神示の中に唯一「三十二」という数が出てくる帖です。
他に関連しそうな記述がこれ↓とか。

「扶桑の巻」 第十一帖
沖つ藻葉 辺津藻葉ぞ。
母しらす御国の五のハタラキは何れも十のつばさを持ってゐるぞ、足は十本であるぞ、更に五十のつばさとなりなる仕組、五十の足がイツラぞ、イツラではうごきとれん。
四十九として働いてくれよ、真中の一はうごいてはならん。


32年間の時節表が出来た時点で、ずっと考えていたんですね、
実は五十年の時節表ができるのではないのかなぁと。
ただまぁ「五十神の中の三十二神は新しく生れる」と書かれているので、
少なくともその時点では、32年間だけ知っておけば良いのかなぁと思っていました。
というか、分からんもんは仕方がないとも言う。
でも、ようやく分かったのですよ、この50年の時節が。

先程32年間の下に9年間を足して41年間になりました。

jst456.png

これでも十分と言えば十分なのですが、
下に9年間足すのなら、上にも9年間足すのではないか。
と考えたのですよ。まぁ、この作業は過去に何度もやっているのですが。
そうしますと、このようになります。

jst567.png

32年 + 9年 + 9年、これで計50年になるのですが、
これだけでは、どうしてそうなるの?と思ってしまうのですね。
根拠がない・・・でも、この50年間を72年前に当ててみると。

jst0123.png

1912年:明治天皇崩御(大正天皇即位)
〜 1960年:皇太子徳仁親王誕生


合うんですね、これが。(・艸・)
何気に日月神示の神示もここで終わっているんですね。
子の年から始まり、子の年で終わる。
そして、丑から始まる・・・
又は、丑で終り寅で始まる。
これが恐らく根本の型になっているのだろうと思うのですが。
だから皇太子徳仁親王の年齢が書かれているのだ・・・
とか、思うわけなのです。( -ω-)ウンウン

ところで・・・
この中に、大変面白い事件が起きているのですよ。

jst789.png

ロズウェル事件(・艸・)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロズウェル事件

これも何か関係してくるのでせうか?
詳しくないので分かりませんが(笑 ...えない

話しが逸れつつありますので、戻します。w
では、2024年〜2032年、この期間が何であるのか。
みろくの世への戸は既に開かれている。とすれば、
「身魂をみがいて居らぬと越せぬ、この世初まって二度とない苦労」
が、ここに待っているのかも知れません。
この間、どうやって生きて行けば良いかは、
ひふみ神示に書いてある通りであろうと思います。
何れにしましても、どんな境地に立たされたとしても、
おかげ落さず先を楽しみに生きていれば、必ず道は開けてくる・・・
そのようになっていると思います。(´ ・ω・`)

そして世界の綻びは綴じられる・・・

p011.jpg

私自身は、多分こーなって、あーなって、などと思う事はあるのですが、
そこら辺は書いたところで、そうなるとも限りませんし、
また、随分先の話しですので、このくらいにしておきたいと思います。
※というか、私、ここら辺のお話しはあまり書きたくありません。

問題は 今でしょ これからですね(==)

js345.png

身魂磨きが第一なのです(〒〒)
今まで何度となく書いてきましたが。

最後に。

先日『スタジオジブリ最新作〝風立ちぬ〟公開記念スペシャル』というのが、
TVでやっていたのですが、このスタジオジブリの最新作・・・

なぜ〝今〟あの時代の日本を描いたのか?


kztcn001.png


番組後半で、宮崎駿監督はこのように語っています。


kztcn002.png

また同じ時代が来たから・・・。

また同じ時代が来たからですよ・・・ まさに同じ時代だと思いますよ。
みんな不安だ不安だって言うのは、流行はやりのように言ってるけど、そんな不安なんてのはね、僕は20世紀に散々思って〝ナウシカ〟作ったりなんかしたんだから。今更そんな事言う気なんてないですよ。
こうなると思って、作ったんだから・・・作ってきたんだから。
だから、今必要なのは、その、世界はどこにいくのかって、もっと大きな視野だと思うんですね。だからそれ、その時期に、だから〝風立ちぬ〟なのかな。よく分からないけど、でも、力を尽くして生きろっていう・・・。


ってなわけで、又何か書きたくなったら、勝手に書きます。ヾ(;´▽`A`` たぶんw

関連記事
別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。