永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】ハルマゲドン
2012-02-29 Wed 15:58
日月神示の中には「ハルマゲドン」の記述があります。

「磐戸の巻」第三帖
びっくりばこいよいよとなりたぞ。
春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケてハルマケドンになるのざぞ、
早う改心せんとハルマケドンの大峠こせんことになるぞ。


とりあえず「ハルマゲドン」をwikipediaで調べてみると…


日本語で一言で言うと、世界最終戦争ってところでしょうか。


でも、日月神示では、

「春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケてハルマケドンになる」
という事だそうです。

言葉通りだと、春→夏→秋→冬→春マゲドンって事でしょうか。
これって…思くそ時節じゃん(;゚д゚)ゴクリ…
ではそれはいつの事でしょう? 時節においての四季が分かれば答えが出るのではないでしょうか。

実は富士の仕組でできた時節表を見た時に、真っ先に「これは(; ゚д゚)!!」と思った事がありました…

こちらの記述です。

「青葉の卷」第六帖
八月ぐらぐら。


「富士の巻」第六帖
八月のこと、八月の世界のこと、よく気つけて置いて呉れよ、
いよいよ世が迫りて来ると、やり直し出来んと申してあろがな。


a16.png

2011年が「〇九十の数」では「8」になるんですね、まさに「八月ぐらぐら」(・艸・)
この「〇九十の数」というのは、日月神示に出てくる「年」「月」「日」を表しているのではないでしょうか。そうすると、これで「四季」が現れてくるハズです。

つまり「春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケてハルマケドン」の時期が見えてくるハズです。旧暦の四季は「1、2、3月が春」「4、5、6月が夏」「7、8、9月が秋」「10、11、12月が冬」ですので…

a17.png

こうなります。「〇九十」の数では10月が2つになり、また、その後が9月その次が8月…と時を遡ってしまいおかしな事になってしまいます(==)
これでは「春マケ→夏マケ→秋マケ→冬マケ→ハルマゲドン」が完成しません。

そこでこの記述です。


「地つ巻」第十六帖
うへに唾きすればその顔に落ちるのざぞ、時節ほど結構なこわいものないぞ、時節来たぞ、あはてずに急いで下されよ。


「地つ巻」第二十五帖
この方とて時節にはかなはんことあるのざぞ。

「岩の巻」第六帖
愈々時節来たのであるから、何と申しても時節にはかなわんから、神示通りになって来るから、心さっぱり洗ひ晴らしてしまふて、持ち物さっぱり洗ひかへしてしまふて、神のみことに生きて呉れよ、みことになるぞ、タマぞ、ミコト結構ぞ。

「青葉の巻」第八帖
時節には従って下されよ、逆らはず、後の立つ様致されよ、後のやり方、神示で知らしてあろがな。



時節には勝てないという事ですので、逆らわずにいきましょう。
というか時節に逆らうと「春マケ→夏マケ→秋マケ→冬マケ→ハルマゲドン」が完成しません(==)

a18.png

で、こうなりました。

分かり易いように「〇九十の数」の横に「月」を入れてみました。
これでハルマゲドンの時期が大体分かるのではないでしょうか。
「タテコワシとタテナホシ」で述べましたが、「白黒まだらな時」の3年間が一番苦しい時という事が分かっています。
が、時節表を見て頂けると分かる通り、「ハルマゲドン」が「春マゲドン」であるとすれば、若干ズレちゃってるんですね。

以下の記述をご覧下さい。


「キの巻」第六帖
桜咲く所、桜と共に花咲くぞ、夏マケ、秋マケ、となったら冬マケで泣きあげてはならんぞ、戦すんでからが愈々のイクサぞ、褌しめよ、役員も一度は青なるのざぞ、土もぐるのざぞ、九、十、気付けて呉れよ。



一番苦しい3年間の後に愈々のイクサがあるという事です…この若干のズレはそういう意味なのでしょう。
そして、気になるのはやはり、2016年ですね。「鳴門の仕組」で既に述べましたが、ミロクの世になるのが2016年です。
時節表ではちょうど2016年から春になるんですよね…ハルマゲドンが「春マゲドン」だとすると、2016年、この年に起こる何かが「ハルマゲドン」と言えるのではないでしょうか。(;゚д゚)ゴクリ

ちなみに現在2012年ですから、時節表では9月にあたり、秋という事になります。
日月神示の中には「秋」と「九月」に関わる記述がたくさん出てきます。

それでは、次は日月神示によく出てくる「旧九月八日」に迫ってみたいと思います。

関連記事
別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。