永 き 代 の  全 き 神 の 字  美 し く  追 思 の 御 垣  玉 の 良 き か な
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【日月神示】旧九月八日
2012-03-02 Fri 16:47
「旧九月八日」、日月神示によく出てくる日付けですね。

まず、日月神示の中から九月八日の記述を引っ張ってきます。


「日月の巻」第十帖
辛酉の日と年はこわい日で、よき日と申してあろがな。
九月八日は結構な日ざが、こわい日ざと申して知らしてありた事少しは判りたか。

「キの巻」第十四帖
九月八日の仕組近ふなったぞ、この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび、神々地に成り悉く弥栄へ 戦争つきはつ大道ぞ。

「水の巻」第九帖
旧九月八日とどめぞ。

「松の巻」第三帖
旧九月八日までにきれいに掃除しておけよ。残る心獣ぞ。

「松の巻」第三帖
神とならば、食ふ事も着る事も住む家も心配なくなるぞ。日本晴れとはその事ざぞ。
旧九月八日までに何もかも始末しておけよ。

「夜明けの巻」第三帖
心引かれる事残しておくと、詰らん事で詰らん事になるぞ。
もう待たれんことにギリギリになってゐる事判るであろがな。
世界の愈々のメグリが出て来るのはこれからであるぞ、九月八日の九の仕組近付いたぞ。

めでたさの九月八日の九のしぐみ、とけて流れて世界一つぢゃ。


大体こんなところでしょうか。

一体何なのでしょうか?旧9月8日に起きた出来事を調べてみました。


旧暦の9月8日に起こった大きな出来事と言えば…
明治天皇の即位に伴い明治に改元。


結構な日ざが、こわい日…なんだかコレだけで十分納得できそうですw

ちなみに新暦の9月8日に起こった大きな出来事は、聖母マリアの誕生日らしいです (ノ゚ー゚(; ̄□ ̄)ナヌッ?

「ハルマゲドン」で〇九十の数というのは、日月神示に出てくる「年」「月」「日」を表しているのではないか?という事を述べました。
それでは、時節表で9月8日を探してみませう。(・ω・)

a19.png

日月神示を読んでおられる方なら分かると思いますが、旧九月八日とは九九月八日とも読みます。ですので、赤色で記したところが9のつく部分、ココが「九」や「旧」から始まる記述と関わってくる可能性があります。
※分かり易くする為、他の部分はグレースケールにしました。



ところが・・・



日月神示を読んでいると、以下の記述に出くわします。


「日月の巻」第十帖
日本の臣民これで戦済む様に申してゐるが、戦はこれからぞ。
九、十月八日、十八日は幾らでもあるのざぞ。
三月三日、五月五日はよき日ぞ。    

「日の出の巻」第四帖
旧十月八日、十八日、五月五日、三月三日は幾らでもあるぞと申してあろが、
此の日は臣民には恐い日であれど神には結構な日ざぞと申してあろが、
神心になれば神とまつはれば神とあななへば臣民にも結構な日となるのぞ。
其の時は五六七の世となるのざぞ。



「九、十月八日」は、文字通り九月八日十月八日です。
って…「十月八日」ってなに!? 九月八日って言ってたのにどっちなの(’A`)?

という事でw 九月八日の他に十月八日も調べなくちゃいけなくなってしまったワケですが…w

意外にもコレが簡単に解けちゃうんですね(・艸・)

「鳴門の仕組」で驚くべき一致を見せた「2016年」ですが…

なんと、ココでも驚くことに…


2016年の10月8日は、旧暦の9月8日になるんですよ(;゚∀゚;)!!


旧暦9月8日が新暦10月8日と重なる日って、実はよくある事なんじゃね(´-`)? と思い調べてみたところ、2016年以前は1951年、以後は2035年になるんですね。そう滅多にあるもんじゃないんですよ。
当然ですがこの時節表では2016年しかございませんヾ(;´▽`A``

という事で、なんかね…全部2016年になっちゃうんですね…(;谷)=3

要するに、日月神示が言いたい事は、


2016年の秋の九十 こと なんぢゃ(;゚∀゚;)!?



では次に進みますw
先ほども引用しましたが、以下の記述をもう一度引用します。


「日月の巻」第十帖
日本の臣民これで戦済む様に申してゐるが、戦はこれからぞ。
九、十月八日、十八日は幾らでもあるのざぞ。
三月三日、五月五日はよき日ぞ。    

「日の出の巻」第四帖
旧十月八日、十八日、五月五日、三月三日は幾らでもあるぞと申してあろが、
此の日は臣民には恐い日であれど神には結構な日ざぞと申してあろが、
神心になれば神とまつはれば神とあななへば臣民にも結構な日となるのぞ。
其の時は五六七の世となるのざぞ。



旧九月八日を調べていくと、十月八日が出てきました、これは先ほど述べた通りですが、ナゼかこれらと必ずセットで「十八日、五月五日、三月三日」が登場してきます。

これらは一体何なのでしょうか。(・ω・)?

「十八日」は、十月八日の事を言っているような気がします。
ってか先日、天皇陛下が手術され、無事成功致しましたが、この手術の日が2月18日だったんですよね…あん時は、なんで18日にするの!?ってヒヤリとしましたがw

「五月五日、三月三日」はどちらも節句の日ですね。これ、一言で言うと「伝統的な年中行事を行う季節の節目」となるようです。

旧暦の9月8日に起こった大きな出来事とは「明治天皇の即位に伴い明治に改元」でした。

どちらも「節目」なんですね。って事は…


2016年の秋に何らかの節目を迎える(・艸・)!?

んじゃあ、2016年に何が起こるの?どうしたらいいの?…って…
それは…日月神示にちゃんと書いてあるので、ご自身で読んで下さいませw



ってなワケで、旧九月八日の意味が分かりました。

では、続けますw

この「三月三日と五月五日」という日は、「節目」の意味で使われていると思われますが、
実は他にもいくつかこの日に関わる記述が出てきます。


「キの巻」第十四帖
三月三日から更に厳しくなるから用意しておけよ、五月五日から更に更に厳しくなるから更に用意して何んな事起ってもビクともせん様に心しておいてくれよ、心違ふてゐるから臣民の思ふことの逆さ許りが出てくるのざぞ、九月八日の仕組近ふなったぞ、この道はむすび、ひふみとひらき、みなむすび、神々地に成り悉く弥栄へ 戦争つきはつ大道ぞ。

「水の巻」第五帖
江戸の仕組旧五月五日迄に終りて呉れよ。
後はいよいよとなるぞ。

「磐戸の巻」第十六帖
子の歳真中にして前後十年が正念場、世の立替へは水と火とざぞ。
ひつじの三月三日、五月五日は結構な日ぞ。



三月三日から更に厳しくなる〜五月五日から更に更に厳しくなる〜九月八日の仕組近ふなった〜という流れを読めば、九月八日の仕組より前に「三月三日から更に厳しくなる」「五月五日から更に更に厳しくなる」があるように思われます。
「江戸の仕組旧五月五日迄に終りて呉れよ。後はいよいよとなるぞ。」これも「後はいよいよとなる」九月八日の仕組の事を言っているのではないでしょうか。

そしてコレ、「ひつじの三月三日、五月五日は結構な日ぞ。」ひつじって…言っちゃってるんですよねw

a20.png

赤で記したところ、この年が「未」ですので、この年の3月3日、5月5日って事でしょうか。〇九十の数ではこの年は「9」です。「9」「九」であり、「旧」とも読みますので、やはりこの年は危険が危なそうです。

でも、厳しくなるって…なんか怖ひ( ̄ー ̄;;

という事で、

2015年3月3日→5月5日→2016年9月8日とどめ。

こんな感じになるのではないでしょうか。

それと、最初に貼った以下の時節表ですが、

a19.png

この赤で記したところも、やはり「9」「九」「旧」と読めますので、これらの年の3月3日・5月5日・9月8日(いずれも旧暦含む)前後は念のため気をつけておいたほうがいいかも知れません。
と言っても、心の準備くらいしかできませんが。(・艸・)

関連記事
別窓 | 日月神示の時節 | ∧top | under∨
| 日月神示の時節を読む |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。